2020年08月29日

北東北 山と温泉の旅

北東北 山と温泉の旅      2020/8/22-26  C谷

8/22 東京駅8:40 = 新青森11:51 駅レンタカーにて酸ヶ湯温泉キャンプ場14:00
   狭めのカ―キャンプ場は地元の家族づれで溢れていた。一般のテントサイトには新潟のご夫婦と東京
   から来た元気な看護師さんの4名のみ。酸ヶ湯温泉は宿泊予約満杯で、湯力が強い。

8/23 サイト6:00 − 八甲田山大岳8:00 − サイト10:45 = 岳温泉青少年センターキャンプ場
   新潟のご夫婦は早々に南八甲田の櫛が峰に向けて出発していった。看護師さんは起きる気配がな  
   い。お疲れなんだろう。出発直前に地図がないことに気付く。登山口の案内看板を写真に撮って、
   周回ルートを時計回りに辿る。林の中の登山道は軽い上り下りの繰り返し、ピークはどこ?突然眼
   前が開けると、谷地となる。木道の脇を小川が流れ、池塘が点在し、木道すべてが流れの中に在っ
   たりする。途中のベンチで休憩していた単独の男性は静岡から来たと言う。こジャレた避難小屋から
   は一直線に山頂に上がる。と、そこに反対から歩いてくる女性がいる。なんと件の看護師さんだ。ひと
   しきり話し、地図を借りて写真に収め、互いに写真を取り合って分れた。下山路は登ってくる人、人、
   人。そうか、日曜日だ。
   早々に岳温泉に向けて出発。黒石に向かう道には何もない。「学校そば」の看板は注意喚起かと思  
   ったが、廃校を利用した蕎麦屋だった。客は多かったが、そば打ち者にとってはハズレだった。
   岳温泉に着いたがキャンプ場が分からない。鰺ヶ沢につながる街道は至る所に路上駐車の列。この
   人出は「嶽きみ」(トウモロコシ)を求めるものだった。売店でキャンプ場を尋ねるが、売り手は目
   の色を変えて、ろくな返事もない。ようやく老人が話を聞いてくれたが、訛りが強くて理解できな
   い。 そんな街道を何度も行き来して、ようやくキャンプ場に行き着いた。ここはスポーツ施設が集中
   している場所で、管理棟には温泉を備えており、利用者は自由に入れる。キャンプ場探しで疲れ切っ
   て、翌日の行程が心配になる。その岩木山が目の前にそびえている。

8/24 サイト6:00 = 登山口6:10 − 山頂9:40 − 登山口12:00 = キャンプ場12:10
   淡々とブナ林の中を行く。全く変化がない。キノコの数が多いのが唯一の慰め。2時間でロ−プウエ
   イ駅に着く。ここで前日に行き交ったという人と会い、座り込んで話す。新潟の人で、前夜はここまで
   車で上がり、車中泊したと言う。ここから上はすぐに岩稜帯となり、山頂に至る。歌をうたいながら木
   の杖を使う80才の地元の男性と話す。この付近はクマが目撃されたばかりだそうで、彼の杖にはナタ
   が付いていた。下りも単調。時折、手を打って下った。暑さのせいか体の消耗が激しいと感じ、この日
   もキャンプ場泊りとした。温泉に入り、施設内のコインランドリーで洗濯ができた。広大な草原にテン
   トは3張りのみ。

8/25 サイト6:00 = 黄金崎不老ふ死温泉8:00 = 田沢湖駅11:45 = 田沢湖高原温泉郷
    14:00 ホテル泊
   予定では、前日に3時間の移動で白神岳登山口に入り、車中泊して、この日は白神岳を往復し、 
   その後、田沢湖駅まで至ることにしていた。しかし、実際に走ってみると、田沢湖駅に17時までにた
   どり着くのは無理だった。予定を変更して良かった。
   不老ふ死温泉は看護師さんが教えてくれたもので、海辺に露天風呂がある。そこから夕陽を見るの 
   が有名だそうだが、それには泊まらなければならない。田沢湖駅でレンタカ―を返して、バスに乗り換
   えるつもりでいたが、バスの運行は無かった(休日のみ)。そのままレンタカーを延長して、田沢湖高
   原温泉郷に入った。レンタカ―の手続きの際に、助手席のドアを開けてびっくり。ドアと助手席の間に
   地図が落ちていた。

8/26 ホテル6:00 = 八合目6:30 - 秋田駒ヶ岳(男女岳)山頂8:00 − 八合目 = 田沢湖
    駅10:30/11:07 = 東京駅14:30
   朝食代わりのおにぎり弁当を用意してもらって八合目に移動。駐車場にはすでに5台ばかりが止めら
   れていた。弁当を半分食べるつもりが、あまりの旨さに平らげてしまった。もう食べるものが無い。阿
   弥陀池への登山道は緩い上り。池から山頂までもほんのひと登り。山頂からの展望が素晴らしかった。
   南西に鳥海山、南東に早池峰山、東に岩手山、北西に森吉山、そして北に前々日の岩木山を見る。
   白神岳は森吉に隠れて見えなかった。駐車場に戻ると、ほぼ満車状態。列車を1時間繰り上げて東京に向
   池塘2.JPG池塘2.JPG山頂直下の避難小屋.JPG岩木山山頂.JPG岳温泉登山口.JPG阿弥陀池.JPG秋田駒ヶ岳.JPGかった。

岩木山山頂で会った人が、白神岳を踏んだばかりで、「単調なブナ林ばかりかと思っていたが、中途から視界が開け、癒しの山だった」と言っていた。森吉、鳥海と合わせて登りに行かなければならない。  以上
   
タグ:無積雪期
posted by 相模AC at 10:46| Comment(0) | 無積雪期ピークハント

2015年04月30日

九州の山々

2015.04.11〜04.16 由布岳・久住山・祖母山
九州の山といえば宮之浦岳と開聞岳以外は登ったことがなく、岳友に誘われて参加することにした。メンバーはF さんがリーダー、E さんと私の三人だ。

4/11(晴れ) 羽田空港を午前8時に発って大分空港まで約1時間半のフライト。空港から高速バスで湯布院駅まで行く。湯布院駅は観光地を意識してのユニークなデザインになっていて、駅からは由布岳が格好いい姿を見せていた。駅から本日宿泊予定のフローラハウスまで約20分ほど歩く。フローラハウスは観光地として賑わいのある場所と線路を挟んだ反対側にあり、農村の佇まいそのまま残した地に建っていた。私たちは宿に荷物を置いて必要なものだけを持って由布岳を登る予定だった。準備をしていると宿のご主人が登山口まで送ってくださるとのことなのでご好意に甘えることにした。
P4110476.jpg
[由布院駅から見た由布岳]

P4110480.jpg
[由布岳登山口]

P4110483.jpg
[由布岳]

P4110503.jpg
[黄スミレ]

P4120509.jpg
[フローラハウスの中庭]

登山口の駐車場には土曜ということもあるのか、大変多くの車が停まっていた。この辺り一帯は、黄スミレが群生していて素晴らしい場所だ。12時過ぎという遅い出発のせいか登山者の姿は見えない。私たちは正面登山道から登ることにした。歩き始めてしばらくすると下山してくる登山者と大勢すれ違った。西峰と東峰の分岐「マタエ」まで約1時間半、ひたすら登りとなる。マタエから、私たちは最高峰の西峰に取り付く。クサリは付いているが高度感のある岩場を20分ほど続けて進むと山頂に到着した。由布岳は周りに大きな山がないため素晴らしい景色を堪能できる。
P4110490.jpg
[由布岳西峰]

すでに14時をまわっていたが、お鉢めぐりをすることにした。いったん100m弱下って、再び東峰を目指す岩尾根の登りだが、一般登山道とは思えない際どい箇所もあり気が抜けない。50分ほどで東峰の山頂に着いた。西峰と同様、360度の展望を楽しむことができた。下山はマタエまで下って、あとは往路を湯布院行きのバス停留所を目指して下山した。夕食は湯布院の焼き鳥屋で済ませ、フローラハウスで温泉に入浴後、長い一日を終えた。
P4110500.jpg
[由布岳東峰]

4/12(晴れ後雨) フローラハウスでは、湯布院駅を7:31発の電車に間に合うよう朝食を早目に用意していただいて助かった。朝食は自宅で栽培した朝収穫の野菜が中心で、十分満足のいくものだった。次も機会があれば利用したい宿だった。湯布院駅まで車で送っていただいて、豊後中村駅まで電車で移動し、そこからバスで牧ノ戸峠まで行く。峠は駐車場やトイレも完備されていて観光地化していた。相変わらず風は吹いていたが天候は心配なさそう。9時過ぎに出発。登るにつれて九重の山々が少しずつ見えてきた。久住山に着く頃から風が更に強まってきて、山頂の視界はほとんどない。ときより視界が良くなることもあり、噴煙を上げる山や荒涼とした火山の峰々が姿を見せることもあった。久住山からは中岳を経て白口岳に向かう。白口から鉾立峠に向かうころから小雨が降りだした。やがて法華院温泉に到着。雨は本格的な降りとなってきた。ビールを仕入れてから坊ガツルの避難小屋に向かう。避難小屋はキャンプ場に併設されている立派な建物で、30人くらいは宿泊可能であろうか。キャンプ場はトイレ、水場が完備している。テントが1張りだけポツンと張られていた。まだ花も咲いていない、野焼けのあとが残る荒涼とした風景が広がっていた。小屋は私たち以外、他に登山者もいない貸切状態で超ラッキー。早速、法華院温泉(500円)に入浴に出掛けた。翌日はあいにくの天気で、この快適な小屋で終日停滞となった。
P4120523.jpg
[久住山]

P4120527.jpg
[久住山頂]

P4140534.jpg
[坊ガツル避難小屋]

4/13(曇り時々雨、風強い) 避難小屋で終日停滞。

4/14(曇り後晴れ) 今日は移動日。一日かけて祖母山の登山口である尾平鉱山跡に向かう。坊ガツルから雨ガ池を経て長者原に至る。ここからバスで九重インターへ。ここから高速バスで大分駅に向かう。大分からは1時間ほどで緒方駅に到着。ここからコミュニティーバスで更に1時間揺られて尾平鉱山跡に到着した。駐車場以外、何もないところで、テン場は?水場は?という感じのところ。バス終点にある簡易宿泊所(営業していない)の前は登山者のものと思われる車が3台停まっている。庭の芝生にテントを張ることにする。水は散水用と思われる建物の横にある水道から失敬させてもらう。すでに6時を回っているので食事後、早々に就寝。夜中には雨と風が強まった。明日の天気が気になる。
P4150539.jpg
[尾平鉱山跡駐車場]

4/15(曇り後小雪、風強い) 雨は止んでいたが、朝から強い風が吹いている。しばらく川沿いに進んで吊橋をわたると急な登りが待っていた。1000m前後からアケボノツツジが咲き始めている。初めて見るつつじで、花が大きく美しい。やがて宮原に着く頃に雪が降りだして、”九州なのに”と驚かされる。
P4150540.jpg
[美しいアケボノツツジ]

P4150542.jpg
[宮原付近は雪の道]

九合目の小屋に11:30に到着。小屋番は不在であったが少し休ませてもらう。雪は相変わらず降り続いているし、強い風も止んでいない状況をうけ、予定の障子岳手前まで行くのを断念して、小屋から少し下がった水場わきで幕とする。

4/16(曇り後晴れ、風強い) テン場から祖母山山頂までは30分弱で着いた。あいにく視界はまったくない。セルフタイマーをセットしたカメラが風で倒れるほどの風が相変わらず吹いていた。山頂からは、クサリの付いた岩場の下降がしばらく続く。大きな岩を巻くところでは、雪の付いた梯子、クサリ、ザイル等がフィックスされていて高度感もあり油断ができない。ここも一般縦走路としては山慣れた登山者でないとかなりビビルだろう。終始、E さんがリードしてくれた。テン場から2時間ほどで黒金山尾根分岐に着いた。前日、障子岳まで進んでおかなかったため、ここから先の縦走は諦めて尾平に下ることにした。
P4160545.jpg
[祖母山山頂]

黒金山尾根は特に際どい箇所もなく長く平凡な尾根で5時間ほどで尾平鉱山跡に戻ってこれた。緒方駅行きのコミュニティーバスはすでになく、この日、尾平にあと一泊することになる。公衆トイレと同じ棟に休憩所が併設されていて、エスパースが丁度収まる絶好のスペースなので迷わずそこにテントを設営した。その晩は風雨が強かったが、おかげでテントも濡れることなく快適に過ごすことができた。黒金山尾根を下山中に椎茸を大小合わせて8枚ほどゲットして油いためで食した。天然ものは美味!またワラビも取り放題で山の幸を堪能した。
P4160552.jpg
[尾平から見た祖母山縦走路]

P4160563.jpg
[快適な一夜を提供してくれたトイレ隣りのテン場]

P4160556.jpg
[今山行の収穫]

悪天の影響で、予定していた祖母山〜傾山の縦走は叶わなかったが主要な山々はすべて走破できたので満足している。また機会があれば傾山に登ってみたい。また、阿蘇や高千穂にもぜひ登頂してみたい。

<参考タイム>
4/11 羽田空港 (8:00) 右矢印1 大分空港 (9:45) 右矢印1 湯布院バスセンター(10:50) → フローラハウス(11:20〜11:35)右矢印1 由布岳登山口(11:50)→ マタエ(13:45) → 西峰(14:05) →(お鉢めぐり)→ 東峰(14:55-15:10) → マタエ(15:20) → 由布岳登山口(16:40-16:52)右矢印1 湯布院(17:15)  *フローラハウスに投宿
4/12 フローラハウス 右矢印1 湯布院駅(7:31)右矢印1 豊後中村駅(8:06)右矢印1 牧ノ戸峠( 9:10) → 星生山分岐(10:45)→久住分かれ避難小屋(11:05)→久住山(11:55)→中岳(13:00)→鉾立峠(14:45)→法華院温泉(15:10)→坊ガツル避難小屋(15:40)泊
4/13 坊ガツル避難小屋 (終日停滞)
4/14 坊ガツル避難小屋(6:50)→雨ケ池(7:45)→長者原(8:55〜9:40)右矢印1九重IC(10:52)高速バス右矢印1大分駅(14:30)右矢印1緒方駅(15:28〜16:20)右矢印1尾平(17:30)幕
4/15 尾平(6:10)→950m分岐(8:00)→宮原(9:40)→祖母山九合目小屋(11:30)→水場(12:00)幕
4/16 テン場(6:05)→分岐(6:20)→祖母山(6:30)→天狗岩・黒金山尾根分岐(8:00)→尾平登山口トイレ(13:00)幕
4/17 尾平鉱山跡 右矢印1緒方駅 右矢印1大分駅 (ホテル宿泊)
4/18 大分駅 右矢印1大分空港 右矢印1羽田空港 




posted by 相模AC at 16:41| Comment(0) | 無積雪期ピークハント

2014年07月14日

杣添尾根〜横岳

7月13日
台風後の八ケ岳に行ってきました。
全体的に湿っていたためか滑りやすくてなかなかペースが上がらず
1回目の休憩後ペースがかなり落ちてしまいました。
登山口から2200m〜2300m付近までかなり湿度が高くムシムシしていました。
2400m付近で漸く風が涼しくなってきましたが汗は相変わらずダラダラ流れてきます。
夏道の森林限界に来たときパラッと雨の気配。先行パーティ雨具を着ているのが見えました。
稜線上はかなりの風が吹いていました。フリースと軍手を装着。
所々に高山植物が咲いていました。帰りにゆっくり写真を撮りながら下山しようと思っていたのですが
雨の気配があり結局あまり撮れませんでした。
DSCF1887_R.JPG

杣添尾根の途中で撮ったイワカガミ

DSCF1885_R.JPG

三叉峰より横岳を望む。もういつ雨が降ってもおかしくない状況でした。

下山中30人以上の団体パーティ(高校生?男ばかりでした)とすれ違いました。何パーティもすれ違いましたが雨の中の山行は私はあまり好きではありません・・・。
2100mを過ぎたあたりからいい感じで雨が降ってきました。樹林の中だったせいかあまり影響はありませんでしたが、別荘地の車道に出たときは上だけ雨具を被った状態で駐車場に戻りました。ズボンは少々濡れてしまいました。早々に下山して正解でした。

横岳登山口5:50 - 8:43三叉峰9:18 - 11:35横岳登山口

M村(記)
posted by 相模AC at 22:17| Comment(0) | 無積雪期ピークハント