2016年07月18日

湯川の岩場

7月16日に湯川の岩場に岩トレに行きました。
朝まで雨模様でしたが、岩自体は濡れていなくて、時折陽の指す天候となり快適な一日でした。リーダの絶妙な判断でした。
岩場に2番手で到着し右の岩場に一番乗りして練習。その後2、3組が来ました。左の岩場にはさらに多くの人が練習していました。

先ずは、デゲンナー5.8 でアップのSさん。
P7160905.jpg

続くHさんも同ルートをアップで登る。
P7160912.jpg

私Yは、ほぼ初めてのクラックで、TRで登りながらクラックの洗礼を受けました。
P7160921.jpg

2本目の北風小僧5.9を登るSさん。
P7160942.jpg
P7160955.jpg

同じく2本目を登るHさん。
P7160983.jpg
P7160984.jpg

私YはTRで。
P7160990.jpg

3本目のフォーサイト5.10a/bを登るSさん。
P7160997.jpg
P7161033.jpg

同じくHさん。
P7161039.jpg
P7161049.jpg

ジムで会うに偶然会い、ビレイしてもらいデゲンナー5.8を登る私Y。Yの本日の目標は達成。
P7161097.jpg

バンパイア5.10cを登るHさん。
P7161106.jpg

その後、サイコキネシス5.10d(TR)、コークスクリュー5.9 を登って帰路につきました。
記:Y
posted by 相模AC at 18:30| Comment(0) | 岩トレ

2015年02月18日

初めての岩トレ(厚木市郊外の広沢寺)

2015.02.15(日)快晴 冬型
山の会では新しい会員を迎え基礎訓練が欠かせない。低山ハイキングから高所登山まで、雪山、岩、沢、縦走などオールラウンドに活動するの山の会は、個々の目標にチャレンジする一方、並行して安全対策も重要だ。体づくりをベースに登降時にでてくる岩場での処理ができること。次週は鶴巻温泉から大山山頂まで高取山経由で、水を入れたペットボトルを歩荷することになった。

IMG_2138.jpg
ここは初心者の手ほどきの岩場として厚木市郊外にある。毎週末、講習会が花盛り。

IMG_2147.jpg
腰が引けていますね。姿勢の修正が課題。正しく重心を置き、重心移動させ乗り込む。

IMG_2137.jpg
初めての岩登り。腕力でぐいぐい。でもまずは岩馴れから。

IMG_2135.jpg
まずはトレッキングシューズで登ってみる。やさしいルートだからと大味にぐいぐい登らず、意識して小さな動きでナメクジみたいに上がってみよう。彼女は2回目。

IMG_2134.jpg
クライムダウン? 腰を入れ体を起こして立つと視界も広がり足元のスタンスも見つけやすくなり、姿勢が安定する。

IMG_2154.jpg
ロワーダウン。しっかり足で歩くように下降する。

IMG_2178.jpg
初めての懸垂下降。バックアップもセット完了。にっこり。

IMG_2182.jpg
楽しそうな表情で下降するNHさん。

IMG_2163.jpg
初めての懸垂下降。初めてロープに身を任せる瞬間、怖いですよね。姿勢の修正などはこれからのこと。まずは確実にセットできるかがまずポイント。基本動作を繰り返して練習すると洗練された動きになる。懸垂や確保の支点づくりは次のテーマとしよう。
posted by 相模AC at 07:05| Comment(0) | 岩トレ

2014年05月27日

三つ峠にて岩登りトレーニング

2014年5月第4週/週末の報告です。
5/24〜25にテント泊で行ってきた。参加者はK取、K田、Y田family&エリックと友人のS本クン。
ここは90年も前に岩登りのゲレンデとして開発され、以来峠の岩場は関東のクライマーの聖地みたいな存在だった。

IMG_5436.jpg

屏風岩の基部では英会話などの外国語が飛び交い、なかなかインターナショナルな雰囲気であった。「Rope is free(確保解除)」とか「Climbing(登り 開始)」、「Tension(ロープを張って)]など、ほかはヒアリングできず。英語での用語はとてもシンプルな感じがした。

IMG_5457.jpg
ビーグルのエリックも参加した。癒し系でなかなか可愛いワンコ(♂14歳)

IMG_5389.jpg
東面フェースの草溝ルートからスタート。このあとNo.1クラックにつなぐ。

IMG_5402.jpg
右フェースのクーロワール、テラスに這い上がるところが核心。リードしたY田クンは気合十分、ファイト一発という感じで登ってきた。

IMG_5403.jpg
ここのテラスから観たMt.Fuji

IMG_5422.jpg
観音の右ルートは離陸にはちょっとした登り方がある。今回苦労していたが若くて熱心なS本クンはすぐうまくなると思う。

IMG_5425.jpg
東面フェースの観音ルートの上部へ。本を開いた形状の岩でこれも登り方がある。いろいろトレーニングできる本番向けのよい岩場だ。今回いろいろなルートを知ることができた。

IMG_5433.jpg
テント場から眺められる白いMt.富士。この日は外国人パーティや山岳会などのテントが多く張られた。

25日(日)薄日
朝、熱いコーヒーをひっくり返し、足首にヤケドしてしまった。直径5〜6pほど薄皮がめくれてしまった。真皮がでてしまいヒリヒリ痛いので、見学となった。

IMG_5442.jpg
三つ峠山荘の西側先にある天狗岩は知らなかった。初心者の手ほどきによい岩場だった。

IMG_5444.jpg
ここにはまだ山桜が咲いていた。花弁は小さい。

IMG_5449.jpg
中央フェースの基部、取り付いているのは映画「ガク」を記念してつくり、俳優に登らせたというルートだそうだ。お隣はアメリカ人ペア、もちろん英語でコールを交わしていた。

IMG_5460.jpg
親子クライミング、この後パパさんは中央カンテへ。子供さんはママさんのビレーによりトップロープで繰り返し登っていた。

IMG_5461.jpg
左フェースの上部ルートはいっぱいとなった。盛況である。

IMG_5476.jpg
5才のRTクンと先にテント場に戻るときに見つけた。マムシ草だと思う。

IMG_5492.jpg
テント場から望遠で眺めた。ルートは大根おろしフェースか?

帰路は渋滞とのことで信号の極めて少ない秋山街道から相模湖の西側を通って相模原に帰った。
(K田記)
posted by 相模AC at 05:45| Comment(0) | 岩トレ