2019年02月03日

ラッセル、雪洞、雪崩対策訓練

上越へ、ラッセル訓練等に行ってきました。

日程:2019年2月2〜3日
メンバー:shk, kat, kak, nah, ikm, nak, noy(記)
コースタイム:
2/2(土)土樽駅(10:40/11:10)〜林道〜棒立沢左岸尾根末端co600m(12:00/12:06)〜棒立沢左岸尾根co750m付近(12:40)雪洞泊地
2/3(日)雪洞泊地(6:30)〜「Co850-1030m」間ラッセル訓練〜Co1030m(8:10/8:22)〜棒立山1420m(9:53/10:21)〜往路を戻る〜Co1030m(10:56/11:10)〜雪洞泊地(11:36/12:33)〜取付き(12:53)〜林道(雪崩対策訓練(12:58/14:35))〜毛渡林道入口(13:07)〜土樽駅(13:26)

↓土樽駅駐車場で出発の準備してます。
20190202-taka01.jpg

↓土樽駅から、早くも少々ラッセルして車道へショートカット。
20190202-taka02.jpg

↓林道には先行者のトレースがありました。
20190202-taka03.jpg

↓取付きから150m程標高を揚げ、2組に分かれ雪洞掘りを開始。初めはなかなかはかどりません。
20190202-taka04.jpg
20190202-taka05.jpg

↓2つの雪洞を奥で連結。夕食は2組別々に摂り、夕食後は4人組の大きい方の雪洞に集まり懇談して、
20190202-taka07.jpg
↓就寝。。。
20190202-taka08.jpg

↓翌日は、急傾斜になるところから先行者のトレースを外してラッセル訓練。
20190202-taka09.jpg
20190202-taka10.jpg
20190202-taka11.jpg

↓主尾根への乗越で、kat さんが雪庇を切り崩しています。
20190202-taka12.jpg

↓雪庇の切通し。
20190202-taka13.jpg

↓雪庇の上だけど。。。しばし休憩。
20190202-taka14.jpg

↓主尾根は、10時までのタイムリミットでタカマタギを目指します。
20190202-taka15.jpg

↓棒立山にて、単独スキーヤに集合写真を撮っていただきました。
20190202-taka16.jpg

皆様お疲れ様でした。noy
posted by 相模AC at 20:00| Comment(0) | その他の活動

2018年12月19日

2018年度谷川岳天神平雪上訓練

2018年12月15日〜16日の2日間に渡り、谷川岳天神平尾根にて雪上訓練を実施した。会員20名余りの参加があった。
DSCF6002.jpg
厳冬期のテント泊を想定し、フル装備でロープウェイを待つところ。
ロープウェイ降車後、天神尾根の雪崩を避けられる適地にテント設営した後、支度を整え、天神尾根へ。
DSCF6006.jpg
基本技能である雪上歩行を練習した。
DSCF6009.jpg
これは、緊急時に風雪を防ぐための訓練である。ツエルトに入り・・・・・
DSCF6010.jpg
パーティー全員で風雪に耐える。
DSCF6012.jpg
雪上での確保に有効なスタンディングアックスビレイの訓練。
この時は初日ということもあり、アイゼン装着なしでしている。

DSCF6013.jpg
初日の訓練は15時頃に終了した。
設営テント内で雪から飲料水を確保、夕食を準備。ちゃんこ鍋である。訓練によりお腹が空いていたのか、とても美味しかった。満腹になると、いつのまにか眠たくなり、20時頃には就寝となった。

12月16日(日)4時30分に起床。朝食準備、実施、片付け、身支度を行う。
訓練開始時刻7時30分頃であった。
DSCF6014.jpg
アイゼンを装着し、雪面歩行の練習を実施。
DSCF6016.jpg
転んでしまった場合の滑落停止動作訓練。
DSCF6018.jpg
同じく滑落停止動作訓練。
DSCF6020.jpg
こちらはアイゼンを装着してのスタンディングアックスビレイ訓練。
DSCF6024.jpg
同じくスタンディングアックスビレイ訓練。経験者による指導中。
DSCF6026.jpg
デッドマンを埋設、有効な支点として機能するかも確認した。
DSCF6027.jpg
確保による衝撃力により、埋設したデッドマンが動きできた空洞。
DSCF6028.jpg
雪崩に遭遇、埋没した仲間の捜索救助を想定したビーコン捜索訓練模様。

以上2日間を通じて、動作の確認・訓練を実施した。
訓練を継続し、技術習得・向上に努めたい。

N記






posted by 相模AC at 01:02| Comment(0) | その他の活動

2015年06月01日

相模AC セルフレスキュートレ

5/30 丹沢モミソ岩にて、セルフレスキューのトレーニングを行った。
 ここはモミソ沢という沢の出合いにある小さな岩場。当日は相模ACの他に
 カモの会他の会も来ていて、大混雑であった。P5300008.JPGP5300001.JPG
まずは全員で、懸垂下降が危なくなった場合、一時停止してフリクノットでの登り返す練習
なかなか、初めてだと難しい(これを本当は壁の途中にぶら下がって行う。)P5300002.JPG

この後は岩チーム、縦走チームに分かれてそれぞれのレスキュー技術をトレーニング。
普段ハーネスを持っていかない縦走チームはスリングで簡易ハーネスを作って対応する。P5300005.JPG

岩チームは、リードをしていたトップが動けなくなったのを、確保していたセカンドが
トップの位置まで登り、確保してカウンターラッペルで安全な場所まで降ろすトレーニング。P5300009.JPGP5300010.JPG
現在のレスキューは、危険地帯から要救助者を取りあえずの安全地帯まで速やかに搬送し、
そこから、警察、消防等への救助を要請するのが最も早く、事故者へのダメージも少なくて済みます。
この安全地帯までの搬送を自分たちの手で行えるトレーニングが欠かせません。
5月とは思えない強烈な日差しの中でのトレーニングでした。       (k記)











posted by 相模AC at 08:26| Comment(0) | その他の活動