2015年11月05日

2015/10/23-11/2 台湾 龍洞クライミングその1(10/23-27)

参加者:K取ご夫妻、K田さん、O島さん、K川さん(他会)(10/23-11/1)、S本(10/23-27)
■旅行のメモも兼ねているので、読みづらい表現となっている。
成田空港7:50発 桃園(タオユェン)国際空港行き(フライト時間は2時間50分)
7:50のフライトに間に合うには、手荷物検査も考慮すると、前泊となる。
しかし、近年LCCが流行っていることから神奈中でもそれに対応する形でリムジンバスが用意されている。相模大野01:05(深夜)発(2,000円)に乗車すると、成田空港第3ターミナルには、3:00に到着する。このバスに乗ると空港で仮眠すれば、あっという間にチェックイン案内が始まる(6:00)。
ただ、欠点としては、平日であっても、フードコートやロビーには沢山の旅行者がいるため、3:00着では仮眠に適したソファーは確保できない。
なので、空港のフードコートで夕飯を済ませる様なスケジュールか、床で寝ることを想定し寝袋とマットを持ち込むか、どちらか都合が良い方を選択すべきである。

01成田空港様子.JPG
成田空港第3ターミナル フードコート

桃園国際空港到着後、1階まで下り、台北行きのリムジンバスに乗る(125元≒500円)。
台北までの乗車時間はおよそ1時間。台北駅は周辺に降ろされるため、台北での移動は三越がランドマークとなるため、それで現在地を認知すると良い。
三越1階にある銀行(三越総合案内の左端)で、円から元に両替するとレートが良い。
この頃、ちょうどお昼(日本時間-1時間)となるため、台北周辺で食事することと、是非、台北の山道具屋郡に立ち寄ること。通常ここでトポ図を手に入れる。(住所:No. 1號, Section 1, Zhongxiao W Rd, Zhongzheng District、Taipei City, 台湾)

台北地図.png
台北地図

02桃園国際空港様子.jpg
桃園国際空港 到着ロビー

03山道具屋郡.JPG
山道具屋

04昼食.JPG
昼食 大腸麺(ホルモン入ソーメン?)

05台北駅1.JPG
台北駅

06台北駅2.JPG
路線図


基隆まではバスも多く発着しているので、利用しても構わないが、時間に余裕があれば公共交通機関の概要を把握するためにも電車がオススメ。その際に電車の券売機はやや複雑であるため事前にコンビニでeasy card(ICカード)を購入した方がよい。チャージは1000元もあれば十分。
台北から基隆は急行(自強との表示)電車で1時間程度で到着する。八堵という駅から枝分かし、基隆に向かうのでそこだけ注意が必要。また、乗り換え電車のホームがかわるので大荷物を持ってでは不便で、台北から直通に乗ったほうが良い。


基隆は大きな港町であるので、やや潮臭い。
台湾の方は、50歳以上は日本語が通じ、20〜35歳以下くらいは、英語もしくは日本語が通じるので話しかけると親切に教えてくれる。
今回の宿はe-coast star hotel。おそらく、用途変えたり、改修を重ねたせいなのか、不具合な箇所が多々あった。しかし、宿泊費は3,000-5,000円/泊程度(朝食付き)であり、室内は清潔感がある。そして、店員も○。朝食は7:00からで、パンに雑炊、ウインナー、ナゲット、コーヒーと豊富でありついつい食べ過ぎてしまう。
タッパーを持参すれば、サンドイッチを作り行動食としても良い。(店員の了承必要)
初日の夕食は台北から基隆まで案内していただいた少年と食事する予定だったのだが、少年は待ち合わせに現れず。なのでホテルの目の前の海鮮料理のお店で済ませた。
屋台や、下駄履きの店舗では、食材を選び注文する。しかし、煮るのか焼くのかといった細かいオーダーは無く、この食材によって調理方法が決まっている様子であった。

基隆-1.png
基隆地図

07台北駅親切な少年.JPG
基隆まで案内していただいた少年

08新基隆駅北口.JPG
基隆駅北口 新駅舎

09基隆町並.JPG
街並み

10-1ホテル受付1.JPG

10-2ホテル受付2.JPG
ホテル エントランス どうやら日本好きみたいである。

10ホテル外観.jpg
ホテル外観

11ホテル2人部屋.JPG
2人部屋 男性同士だとかなりあやしい寝方になる。

12夕食23日.JPG
初日夕飯


10/24 backdoor(後門) area 天候:小雨
ルート:No19(5.9),20(5.10a)
朝食を済ませ、8:30に基隆駅そばのバス停に行く。そこから「福隆」行き791番バスがでているとの情報があった。しかし、ホテル近くの「市政府」バス停(セブン-イレブン前)からも乗車できることがわかった。初日以降は市政府から乗車した。
龍洞-市政府間の乗車賃は片道約60元、基隆駅までは65元。これもeasy cardが利用できる。
のちのち現地の大学生(陳さん台北大学山岳部3年金融学専攻)に教わったのだが、基隆のバス停には日本のように時刻表がなく、間隔しか表示されていないので、ひたすら待つしかなかったが、「台北等公車」(iOS&android)がフリーでダウンロードでき、タイミングを見図れる。

26親切な少年2陳さん台北大学山岳部3年金融学専攻.JPG
陳さん

バスにGPSがついており、現在どこのバス停にいるか、あと何分で到着するかが把握できる。それを初日と2日目は知らなかったため、バス停で1時間待った。福隆行きは1時間に一本程度の頻度。

基隆地図


この日は、小雨であったため、カムをホテルに置いて、アプローチの下見気分で向かったが、岩の乾きは早く、TRでクライミングを楽しめた。
そのエリアには多くのクライマーがいて、偶然、劉さんとであった。私は初めましてだが、K取さん、K田さん、K川さんは昨年訪れており、友人である。

13backdoorarea降り口.JPG
アプローチ

14降り口2.JPG
アプローチ2

15backdoor area.JPG
backdoor area

16美術の先生と会話.JPG
現地の美術の先生と交流 皆親切。

17犬1.JPG
18犬2.jpg
クライマーの犬たち 白い方は 名前スノー 劉さんのいぬ。

19劉さんと再開.JPG
劉さん

20.JPG

21.JPG

22.JPG

22-1.jpg

22-2.JPG
クライミングの様子

この日の夕飯はみんなで夜市にでかけた。休日ということも有り、とても混雑していた。
夜市入り口の屋台にしたが、店員とは言葉が通じず、あれもこれも注文してしまった。
殆どの料理ににんにくが使われて、また薄味なのでとても美味しい。しかし、あれこれ注文してしまった中に、鯉の炒めものがありこれは生臭くておいしくなかった。

23夜市.JPG

24夜市2.JPG
夜市にて

25夜市後のしめ.JPG
夜市後にしめで

10/25 golden valley area (黄金谷)天候:曇のち晴れ
ルート:No169(5.9)、173(5.10a)、154(5.11a)
その名のルーツはハングした箇所の岩が金色に見えるとか。
このエリアは流行りが終わったそうでガラ空き状態であったが、2パーティと出会った。
カナダ人、アメリカ人、台湾人女性(確かシンさん)とお話もでき、アメリカ人の彼女は日本の方らしく、日本語も堪能であった。もう1パーティは、会話しなかったが、楽しそうにクライミングしていたようだ。

27.JPG

28.JPG

29.jpg

30.jpg

32.JPG

33.JPG

33-1.JPG

33-2.JPG

33-3.JPG

34.jpg
クライミングの様子 ロケーションがバッチリ。


この日の夕飯は昨年、通った「阿同海産」。大衆食堂であり、観光客はいなかったのでぼったくられた感じはしない。かつ美味しい。
34-2.jpg

34-1.jpg

35.JPG
夕飯 阿同海産にて

10/26 music hall area (音楽堂)天候:晴れ強風
ルート:383(5.7)、367(5.11a)TP、366(5.8)、402(5.7)、417(5.10a)

36.JPG
ホテルでの朝食の様子

36-1.JPG

36-2.JPG
海岸淵の小学校 とても鮮やかな外構。

アプローチは海岸に沿って歩くため、絶壁をトラバースする怖いところが多い。
取り付き手前には、釣り人か現地の海女さんが設置したのであろう、か弱い橋がある。今にも崩れそうでここも核心である。
ここのエリアはフェイスとクラックも充実しており、楽しめる。
37.JPG

38.JPG
怖いトラバース

39.JPG

40.JPG

41.JPG

42.JPG

43.JPG

44.JPG

45.JPG

46.JPG

47.JPG

48.JPG
クライミングの様子

49.JPG
帰りは満潮。

夕飯は、基隆駅の時刻表をゲットついでに色々散策したが、結局ホテル前のお店(初日の店の隣)にした。ここも言葉が通じず、一苦労したが、ここの角煮はとても美味しい。ハンパではなかった。この店はお酒をきらしていたので、セブン-イレブンで調達し、飲みながら食事出来た。
50.JPG

51.JPG

52.JPG
S本、最後の夕飯


10/27 S本帰国 
基隆から台北まで大荷物を持ち電車はやや面倒だが、高速道路が事故の場合は便に乗り遅れるので電車が良いと思う。
7:00発の自強電車に乗車したが、どうやら、車両によっては指定席のようだ。
空いていたので座っていたらどいてくれ、言われてしまった。
今回は台北から桃園国際空港まではリムジンバス(三越斜向かいのターミナル パナソニックの看板がよく目立つ:國光客運1819番)を利用したが、電車の停車駅をみていると「桃園」という駅があるのでそこからバスもしくはタクシーの方が早くて、安心かも知れない。
台湾の喫煙事情については、屋内は住宅や店舗も含め禁煙みたいである。
従って、屋外に限定されるが、歩きタバコはOK、灰皿も等間隔で町の中に設置されている。
屋内で仮に喫煙が見つかった場合は40,000元≒160,000万と記載してあった気がする。
空港では、出国審査後も免税店がたくさんあるのでそこで買物をすると良い。タバコ、お酒もある。
ちなみに喫煙所は8番ゲート前にある。見逃しやすいので注意。

その後無事帰国した。
S本クラック記
posted by 相模AC at 17:42| Comment(0) | 海外クライミング