2019年02月11日

雷電海岸

2月8日〜11日、K取さん(CL)、K田さん、二Hの3名で北海道積丹半島の先の雷電海岸へアイスクライミングに行ってきました。
現地では数十年振りの猛寒波到来中で、行く先々で、”よくいらっしゃいましたね!”と歓迎されました。

2019_0209_140900-DSCN0915.JPG
≪中央が2ルンゼ、その左やや上に1ルンゼ≫
初日(2/9)1ルンゼの1ピッチ目のK田さん
2019_0209_115019-DSCN0905.JPG

2日目(2/10)2ルンゼの1ピッチ目のK取さん
2019_0210_090353-DSCN0920.JPG
2ピッチ終了点からの懸垂下降
2019_0210_114029-DSCN0933.JPG
3ルンゼは見学のみ
2019_0209_132836-DSCN0908.JPG
2019_0209_133813-DSCN0909.JPG
鉛色の空&荒れ気味の日本海の絶景、厳しい寒さの中、心に残るクライミングとなりました。
※北海道の味覚(新鮮な魚介、お肉、野菜・・・・)も腹いっぱいいただきました。










posted by 相模AC at 17:07| Comment(0) | アイスクライミング

2019年01月13日

八ヶ岳 広河原沢左俣

1月13日に、K さんリーダーで、広河原沢左俣に日帰りで行ってきました。私は自宅朝3時発でした。

メンバー:K、Y

↓二俣には10張位テントがありました。
20190113-1.jpg

↓F1の3m滝は滝壺を含めてしっかり凍っていました。何年か前に、帰りに氷を踏み抜いたことがあり、今回は安心です。
20190113-2.jpg

↓見晴ルンゼ出合先の8m滝。それまでの沢床は雪に埋もれずに凍っていました。
20190113-3.jpg
↓この8m滝、ロープ無しで登りました。
20190113-4.jpg

↓3つ続く10m滝の最後をリードする K さん。
20190113-5.jpg

↓6mCS滝の岩の間を越える K さん。
20190113-7.jpg

↓15m大滝の右を登る K さん。
20190113-8.jpg

↓大滝とその上の8mCSを過ぎると6m滝が現れました。ロープなしで登ります。
20190113-9.jpg

↓大きな斜滝が現れました。
20190113-10.jpg
↓途中で、ロープを出しました。
20190113-11.jpg

↓最後の10m滝は、氷が下まで繋がっていませんでした。
20190113-12.jpg

↓左岸支尾根にあがり、中央稜2510m付近の平坦部を目指し雪面をトラバースます。
20190113-13.jpg

↓中央稜2510m付近からの南稜の眺めです。
20190113-14.jpg

↓中央稜の下りの傾斜の落ち着いたところに来て一安心です。
20190113-15.jpg

快晴に恵まれ良い一日でした。noy
posted by 相模AC at 00:00| Comment(0) | アイスクライミング

2018年12月31日

八ヶ岳 広河原沢右俣クリスマスルンゼ

2018年大晦日に、クリスマスルンゼに行って来ました。

メンバー:M、Ý
コースタイム:
船山十字路ゲート7:09 〜 林道終点7:41~7:47 〜 二俣8:03~8:10 〜 右俣本谷出合8:57~9:10 〜 クリスマスルンゼ出合9:45 〜 3段目上12:45~13:20 〜クリスマスルンゼ出合14:21~14~30 〜 右俣本谷出合 15:13~15:21 〜 二俣15:46~15:58 〜 林道終点16:11 〜 船山十字路ゲート16:36

↓右俣本谷に入っての最初の滝はフリーで登りました。
20181231-1.jpg

↓武者返しの滝沢出合を過ぎての滝は左岸の残置ロープ沿いに捲きました。帰りは懸垂下降。
20181231-2.jpg

↓クリスマスルンゼには誰もいませんでした。
20181231-3.jpg

↓1段目をリードする M さん。
20181231-4.jpg

↓2段目を登る M さん。
20181231-5.jpg

↓3段目。
20181231-6.jpg

50Mロープ1本のみだったので、3段目の上まで上がり、左岸支尾根に上がる目論見でしたが、3段目上まで上がり、懸垂下降することにしました。2段目落ちの流木に支点を作り、50Mロープ1本で懸垂下降しました。
↓2段目を懸垂下降する M さん。
20181231-7.jpg

先週と同じ鹿の湯で汗を流し、大晦日、高速道路の渋滞もなく帰宅しました。お疲れ様でした。noy
posted by 相模AC at 00:00| Comment(0) | アイスクライミング