2016年01月10日

阿弥陀岳 快晴!

1/9〜10で、アルパイン初級ルートの代表とも言える 八ヶ岳 阿弥陀岳北稜、赤岳主稜が初心者の私(ダー山_記)にもってこいのルートと考え、H本さん、S野さんと行ってきました。

◇1/9 7時半に美濃戸駐車場を出発し、9時半に行者小屋に到着。テン泊のためテントを張り、荷物をデポし、阿弥陀岳北稜に向かって10時半に出発しました。

S野さんとダー山。この時点ではテントはまばら。
20160109_103120.JPG


◇阿弥陀岳山頂と北稜ルートを見据えながらルートファインディングし、11時半 ジャンクションピーク、12時前に北稜取り付きに着きました。1ピッチ目、ダー山 リード。

中岳から降りる夏道から入り、数十メートル西にトラバースしながら、取り付きを目指す。
20160109_110603.JPG

ネットで何度も調べ、見慣れた絵となった北稜の取り付き。左側から登る。グレードは、5.7ぐらい。ガバ、カチが豊富にあり、登りやすい。
20160109_114733.JPG

取り付きから。クラックにはハンドは決まるが、手袋をしている為いまいち信用ならず。普通にガバで登る。一ピン目は2.5Mぐらいのところにペツルあり。1ピッチ目が核心という話もあり。取り付きの数メートルを抜けると、一般ルートと同等の小道が右手に開けてくる。
20160109_120040.JPG


◇ロープが40mほど出たところで小さなピナクルがあり、そこがビレー点となる。二ピッチ目、H本さんリード。グレードは5.6ぐらい。

意気揚々と二ピッチ目のリードを始めるH本さん。さすがフリークライミングで普段鍛えているだけのことはある。
20160109_122722.JPG

二ピッチ目の途中。ここが一番高度感を感じることができるかも。。天気が良く、開けてくる景色が素晴らしい瞬間。気分も急上昇!
20160109_124115.JPG


◇三ピッチ目はクライミング要素が低かった為、雪上訓練で練習した肩がらみでセカンドビレーし、そこからはロープをしまい、13時に頂上へ。

山頂からの景色は最高!富士山もくっきり。
20160109_130911.JPG

山頂にて。この瞬間はどんな山でも、やっぱり爽快!!
20160109_133016.JPG


◇中岳を経て文三郎経由で行者小屋へ戻りました。下りは足にこたえます。

文三郎への分岐点で、阿弥陀岳北稜を見つめる二人。。ここから望む阿弥陀岳はかっこ良く見えた。
20160109_143511.JPG

3時に行者小屋へ到着。赤岳主稜の取りつきの確認もばっちり。。しかし次の日は・・・。
20160109_150816.JPG

阿弥陀付近のGPSログ
阿弥陀北稜.png

◇1/10 4時に起床し、赤岳主稜へ向かいました。取り付きに着くと、既に7組待ちでした。天候も風速25Mの予報もあり、敗退を決めました。。

出発前の二名様。。なんだか変なテンション。
20160110_090448.jpg


◇今回の山行を振り返って
今回はアルパインの経験が少ないメンバーで企画し、山行に望みました。安全第一、無理はしない、を前提に私達なりに臨み、阿弥陀北稜を登頂することができました。今はアルパインの入り口に立った気持ちですが、トレーニングを積み、少しずつステップアップしたいと思います。今月内に赤岳主稜リベンジだぁ〜〜!


posted by 相模AC at 22:25| Comment(0) | 積雪期アルパイン

2015年06月09日

20150607谷川岳 南陵

20150607谷川岳 南陵
6日の19時に駐車場に到着し、その場にいたKの会等々と情報交換した。
その情報によると、前日は土砂降りの雨で気温も低かったという。
しかし、7日は晴天となり、快適なクライミングができた。
駐車場を2:45に出発し、南陵テラスには一番乗り。その後聞いた話では、3:30に出発したパーティはテラスで3時間待たされたとのこと。たった45分の差が。。。
P6070031.jpg
P6070034.jpg
RIMG0002.JPG
テールリッジ到着

P6070038.jpg
中央カンテから南陵テラスへのトラバース

P6070040 (2).JPG
南陵テラスにて

P6070052 (2).JPG
P6070053 (2).JPG
RIMG0013.JPG
RIMG0008.JPG
終始後続パーティのYの会(Oさん、Nさん、Fさん)と色々なお話もさせていただいた。
最終ピッチは前日の雨でびしょ濡れ、A0しての突破となった。

P6070063 (2).JPG
終了点にて 

P6070064.jpg
懸垂開始

P6070071.jpg
衝立を登るパーティも

P6070075.jpg
テールリッジ下り

P6070073 (2).JPG
雪渓下り

IMG_3116.JPG
おつかれさまでした。

その後、ふれあい交流館で汗を流し、近くのやぶそばに立ち寄った。
一番に取り付き早く下山できたのはいいものの、帰り月夜野IC-沼田IC-昭和ICで重大事故により通行止め。相模大野には22時となってしまった。

S本アルパイン記
posted by 相模AC at 18:46| Comment(0) | 積雪期アルパイン

2015年01月14日

2015.1.10-12 赤岳主稜、阿弥陀北陵 (天候悪化行程変更)

2015.1.10-12 赤岳主稜、阿弥陀北陵 →天候悪化行程変更
(K取 M村 ダー山 S本 NO記)

3連休の八ヶ岳赤岳主稜、阿弥陀北陵の山行を報告致します。

10日 相模原5:30出発 → 9:00美濃戸山荘 → 南沢経由 → 12:00 行者小屋

行者小屋までの途中にある南沢小滝と南沢大滝を見学。まずはここをリードで登ることを目標にとK取さん談。なかなかの迫力。リードは怖そうです。
minamisawakotaki.jpg
南沢小滝
mimamisawaootaki.jpg
南沢大滝

3時間程歩いてベースキャンプ地である行者小屋に到着。天気は良好。
テントを設営し、水作りなどをしながら、夕食をすませ、明日に備えて就寝。

11日 行者小屋5:30出発 → 主稜取付 6:45 → 文三郎尾根経由 → 赤岳頂上7:17 → 地蔵尾根経由 → 行者小屋8:30 

11日は4時30分に起床。5時30分に出発。私、出発準備に手間取り、ハーネスを着け損ねる。もっと準備を手際よくやらないといけないと反省。6時30分頃に主稜取り付き部に到着。2パーティが登攀準備をしていた。天候が悪く、あたりは雲に覆われており、暗い。ルートを見失う可能性もあり、難しい登攀が予想されるため、K取さんの判断で文三郎尾根で赤岳頂上を目指すことになった。7:17頃赤岳頂上に到着。
choujou1.jpg
choujou2.jpg

やや疲れた。強く吹雪いており、視界もよくない。記念写真を撮って早々に地蔵尾根経由で下山することにした。冷たい風に吹かれての稜線歩きに心が折れそうになったが、なんとか下山することができた。上部の天気が悪いにも関わらず、地蔵尾根から上がってくる登山者の数が多いことに驚いた。
8時30分には行者小屋に戻れた。
まだ時間があるので阿弥陀北陵に行こうかという提案もあったが、稜線上は強風であろうし、大変なラッセルが強いられるだろうということで、予定を変更し石尊陵の1ピッチ目で登攀と懸垂下降の練習をしに行くことになった。

11日 行者小屋 8:30 → 石尊陵取付き 10:00 → 赤岳鉱泉 13: 00 → 行者小屋
14:30 → 美濃戸山荘 16:30 → K取さん宅

登山道から石尊陵の取り付きまではなかなかの急登であった。取り付きには先行パーティが既におり、登攀練習を行っていた。M村さん、K取さんがお知り合いに遭遇、しばし歓談。
sekisonnryou1.JPG

待っているとじわじわと冷えてきてつらい。赤岳鉱泉にラーメンを食べに行くことにした。
この日初めて、ダブルアックスで登山道までの雪斜面を下る。
赤岳鉱泉には13時頃到着。鉱泉は大変な混雑と賑いだった。カップラーメン1個400円を食べる。暖かい食べ物で救われる。
行者小屋に戻った14時頃から降雪が始まる。翌日の天気もあまりよくないことから、下山することにした。美濃戸山荘には16:30到着。11日はK取さん宅におじゃまさせて頂くことになった。

12日は縄文の湯に立ち寄った後、K取さんおすすめの和食料理屋に立ち寄る。
teishoku.JPG


山の幸 定食 おいしい。

相模原には15時頃到着

以上
posted by 相模AC at 01:31| Comment(0) | 積雪期アルパイン