2019年10月29日

大杉谷〜大台ケ原 2019年10月24日〜29日


大杉谷で滝見をし、大台ケ原をまわってきましたので報告をします。大杉谷は三重県の宮川上流を流れる沢で、日本三大峡谷に数えられる谷の一つです。
宮川第三発電所をスタートして、沢沿いに付けられた杣道を次から次と現れる超巨大な滝を見ながらの歩行が続きます。途中、桃ノ木山の家に1泊し、翌日堂倉滝まで歩行した後は日本百名山に数えられる日出ケ岳(大台ケ原山)に登頂します。

10月24日の晩に横浜を高速バスで出発し翌25日、三重県大台町からタクシーで登山口まで入る予定でしたが、残念ながら25日は荒天が予想されていたためリーダーのSさんが予め宿を予約していて事なきを得ましたが、いきなり停滞することになりました。近くの神社や三瀬谷ダムを見学して時間を潰しました。25日早朝、他のパーティーが大杉谷に入ろうとタクシーをチャーターしようとしましたが、大雨警報が発令されて登山口に至る国道が手前の集落で通行止めとなり先には進めないとのことで往生していました。私たちは1日遅らせたためラッキーでした。
1.jpg
10月26日(土) 晴れときどき曇り
予約済みのタクシーが午前6時に迎えにきて宮川に沿って大杉谷の登山口まで入ってもらいました。途中、タクシーを待たせて六十尋滝(ろくじゅっぴろたき)を見物しました。前日の大雨で水量が増し、凡そ90メートルあろう滝は凄まじい迫力でした。見て良かったと思える滝でした。
2.jpg
<六十尋滝>
タクシーに戻って少し進むとバスの終点である大杉谷登山口に到着します。2台ほど自家用車が止まっていて登山者が出発の用意をしていました。私たちは更に先の宮川第三発電所まで入ってもらいました。宿で用意してもらったおにぎりを頬張ってから大杉谷に入っていきました。
3.jpg
<宮川第三発電所>
登山道はいきなり岸壁を穿って作ったような狭い道が続き、丁度黒部のミニ日電歩道といった様相です。しかし岸壁側には太くて頑丈なクサリが取り付けられていて特に心配はいりません。大杉谷は全行程、危険個所には同様のクサリが取り付けられているので初心者にも楽しむことができるでしょう。ただし、途中いくつもの枝沢をトラバースする箇所があり、滝の水しぶきで足元の岩が濡れているためとても滑り易くスリップには十分な注意が必要となるでしょう。実際、毎年のように事故が起きているようで、HPにも現地にも注意書きが目立ちました。
4.jpg
さて第一番目の見どころ滝は千尋滝でしょう。まずその高さに圧倒されます。
何故、あんな高い所からかくも大量の水が流れているのかととても不思議です。
残念なのは、紅葉がまるで進んでいなかったことです。
5.jpg
<千尋滝>
さらに1時間ほど進むと、リーダーお勧めのシシ淵が見えてきました。
6.jpg
シシ淵の少し前に岩のトンネル、クグリがあり、わずか10メートルほどの距離でしたが水が上から大量に落ちていたため、リーダーも通行を少し躊躇していました。
7.jpg
<クグリ>
トンネルを抜けると雪国ではなく、シシ淵が迎えてくれます。
8.jpg
<シシ淵>
9.jpg
<シシ淵と奥に見えるニコニコ滝>
何ともいえない素晴らしさです。この時は相当水量が多かったようで、平水事は川の流れがとても穏やかで川底が見えるとのことです。奥に見える大きな滝はニコニコ滝ですが、この後この滝の全貌が見えるポイントに上がります。
10.jpg
シシ淵と対峙するようにこんな滝も落ちていました。
さて登山道を少し上がると、ニコニコ滝がその全貌を表してくれます。
11.jpg
<神々しいまでに美しいニコニコ滝>
神々しく、且つ、凄い迫力に圧倒されてしまいます。いくら見ていても見飽きません。

ニコニコ滝をあとにしばらく進むと右手に平等ーというとてつもなく大きな岸壁が聳え
ています。長い吊り橋がかかっていて対岸に移ります。
12.jpg
<平等ーの大岩壁>
13.jpg
<平等ーを回り込んだところ。岸壁の上まで収まらず>
平等ーから40分ほどで本日の宿、歴史ある桃ノ木小屋に着きます。
14.jpg
<桃ノ木小屋>
15.jpg
<ENTRANCE>
この小屋で、リーダーが以前所属していた山岳会の面々と偶然にお会いして酒を酌み交わしながら山の話で大いに盛り上がりました。山の世界は狭い!彼らの何人かはヒルにやられていました。後日ビジターセンターの情報として、夏場は相当のヒルに覚悟しなければならないとか。頭上からヒルが降ってくることもあるそうです。ご用心!

10月27日(日)晴れときどき曇り
小屋を出発しようと外に出てみると、とても多くの登山者が集まっているので聞いてみると、クラブツーリズムのツアー登山だそうで37名といっていました。誰一人メットを被っていないのにはビックリでした。
小屋を発って30分ほどで七ツ釜滝です。これまた大変美しい滝です。観瀑のための小屋が設置されています。
16.jpg
<七ツ釜滝>
車で入山した人は桃ノ木小屋に1泊し、翌日この滝を見て往路を戻る登山者もいるようです。
七ツ釜滝を後にしてしばらく行くと大崩壊地の跡を通過します。この崩壊のため登山道は復旧まで10数年を要したとのことです。
17.jpg
<崩壊地:トラバース中の多くの登山者が見えます>
18.jpg
<崩壊面でしょうか>
次は光滝です。次から次へと必見ポイントが現れて魅力満載です。
19.jpg
<光滝>
増水していたこともありますが、圧倒的な迫力です。登山道はここから急な坂を上って光滝の落ち口に上がります。
20.jpg
光滝の落ち口です。

これは隠滝です。
21.jpg
対岸にはなんとも優しい女性的な流れの与八郎滝が見えます。これなら登れそう!?
22.jpg
<与八郎滝の優美な流れ>
23.jpg
堂倉吊り橋を渡ると間もなく、大杉谷最後の滝となる清楚な堂倉滝に遭遇します。
24.jpg
<堂倉滝>
長かった大杉谷の滝見ツアーもこれにて終了となります。ここからは日出ケ岳に向けて3時間45分の急登になります。

途中の堂倉避難小屋は立派な小屋でした。今日は泊まりません。先を急ぎます。
25.jpg
<堂倉避難小屋>
26.jpg
<内部>
シャクナゲ坂を過ぎたあたりからシャクナゲの灌木を目にするようになります。春には綺麗に周辺を彩ることでしょう。
27.jpg
シャクナゲ平を過ぎるとやがて日出ケ岳の山頂に到着します。この山は大台ケ原山とも呼ばれるようで、日本百名山の一つだそうです。不思議と付近に名称の書かれた標識等はなく、一等三角点の標柱がある裏の石柱が唯一自己主張をしていました。
28.jpg
<日出ケ岳山頂>
29.jpg
<日出ケ岳の一等三角点>
ここからビジターセンターまで思いのほか、時間を要しました。宿は心・湯治館というところですがハズレでした。

10月28日(月)晴れ
大台ケ原の駐車場の一角に大蛇ー方面の登山口があります。ビジターセンターや宿のおばさんたちは口を揃えて逆方向から入山した方が楽だからと勧めてくれましたが、私たちは二人ともB型人間のせいか、まったく逆コースから入山しました。
登山口からしばらく下るとシオカラ谷です。橋を渡って分岐まで上がります。
30.jpg
<シオカラ谷の吊り橋>
31.jpg
<大蛇ーへの分岐>
分岐を大蛇ー方面に向かいます。
32.jpg
やがて待ちに待った大蛇ーに到着します。おりからの晴天で、大パノラマが広がっていました。
33.jpg
<大蛇ーにて>
34.jpg
<大蛇ー左の紅葉と景観>
35.jpg
<大蛇ー右の岸壁>
大蛇ーを後にして、牛石ケ原を抜けて正木峠で熊野灘の海岸を遠望しながら小休止。
ここから大台ケ原の駐車場に戻り、3:30発の大和上市駅行きのバスに乗車しました。
36.jpg
<正木峠>
37.jpg
大台ケ原に到着です!
大杉谷で多くの滝をめぐり、大台ケ原で大蛇ーを見て満足のいく山旅でした。
リーダー、お疲れさまでした!
posted by 相模AC at 18:07| Comment(0) | 無積雪期縦走

2019年08月18日

大菩薩嶺から滝子山

8/17-18 C谷
 8/17 甲斐大和駅7:40発臨時運行バスにて上日川峠
    上日川峠9:00−大菩薩嶺10:30−大菩薩峠−牛奥ノ雁が腹摺山14:00 泊
二日の好天と35度越えの予想に、避暑山行を組む。峠にある長兵衛ロッジは以前遊び仲間と貸し切って遊んだことがある。一升瓶の勝沼ワインを楽しんだ。尾根から稜線では多くのハイカーが見受けられた。7月頃が見頃の花畑は今はない。介山荘で1Lの水を追加して雁が腹摺山へ。この山頂は幕営に適している。のんびりしていると、トレランが何人か通った。6時頃もう一組も到着。
 8/18 サイト発5:00−湯ノ沢峠−ハマイバ丸−大谷が丸−滝子山−初狩駅14:30
稜線から上日川ダム.JPG
大菩薩嶺.JPG
牛奥ノ雁が腹摺山.JPG
朝露でびっしょり濡れたテントを背に、膝まで濡らす露をかき分けて歩く。湯ノ沢峠を越えると、縦走路沿いに4か所の植生保護地が作られている。3番目、4番目の保護地は満開の花が見られた。気分よく歩いていると大倉高丸付近の土の急な斜面で足を取られて、前向きに右肩から転倒。しばらく動けなかった。全身泥だらけ。骨折はないが、右手が使えない。左手でザックを持ち上げ、右肩をくぐらせてようやく背負う。それからの行程が長かった。沢水で顔を洗い流して初狩に下った。花畑1.JPG
花畑2.JPG
posted by 相模AC at 23:47| Comment(0) | 無積雪期縦走

2018年11月04日

2018.10.20〜23 谷川岳馬蹄形縦走

谷川岳の白毛門〜武能岳〜茂倉岳〜谷川岳を結ぶ、いわゆる馬蹄形の縦走を土合から西黒尾根を谷川岳に登りF舘さんと縦走を開始した。これらの山々は過去に部分的な縦走ではあるがすべて歩いているが、今回は通しで縦走をしてしまおうという計画だ。ただし今回は体力の衰えを考慮して、登頂前日の金曜に水上の道の駅で仮眠をとり翌日曜早朝の登山に備えた。
翌朝4時に起きて谷川岳ロープウエイ駅に向かったが、少し手前の左手、大駐車場に誘導されて駐車することとなった。聞けば午前7時以降でないと駅駐車場には入れないとのこと。駐車場にはすでに多くの車がとまっていた。
駐車場.jpg
いつもは静かな西黒尾根も、この紅葉シーズンでは登山者が行列をなしていた。途中の鎖場では順番待ちとなる始末。そしてトマノ耳およびオキノ耳も人人で写真を撮ることも困難だった。
西黒尾根.jpg
山頂.jpg
超混雑の谷川岳をあとにすると、登山者は極端んに少なくなってしまった。私たちは一ノ倉岳を過ぎて茂倉岳、そして茂倉の避難小屋へと向かった。過去に何度か土樽側から登ったことのある茂倉新道を少し下ったところに建っているいる。過去に茂倉新道から登ったときは、季節はいつも冬期だったため雪の下で見ることができなかった避難小屋だ。宿泊した登山者は私たちをいれて7名。それに加えてトイレ修理に上がってきた職人さん2名を加えて、その晩は賑やかだった。ヘリで持ち上げた発電機とストーブで快適な一晩を過ごすことができた。感謝感謝です!
茂倉避難小屋.jpg
翌22日も朝から快晴。しかし今日は笠ヶ岳避難小屋までの長い縦走になるので小屋を5:20に出発した。
朝日.jpg
茂倉山頂からの眺望は素晴らしく、これから縦走するルートが見て取れた。ただし早朝の武能岳への登りはこたえた。写真は、武能岳手前から茂倉・一ノ倉岳方面を望む。
武能から茂倉方面を俯瞰.jpg
武能岳からは基本下りなので大した苦労もないが清水峠までは長い。峠について水場を探したが、なかなか見つからない。人の話や記事などを事前に読んでいたのだが所在がつかめなかった。20分ほど右往左往した挙句、三角形の電源管理棟左後方の藪の中に十分な水量の水場を発見して利用した。しかし明らかに目的としていた水場ではなかった。さて清水峠からジャンクション・ピーク(JP)に上がるまでがこの縦走のポイントの一つとなる。ここまですでに4時間以上行動しているのでJPの登りはこたえた。朝日岳に到着したのは13時少しまえだった。
朝日岳.jpg
朝日岳に到着したのもつかの間、ここから笠ヶ岳までが小さなアップ&ダウンが続く険路。この日の内に土合まで下ってしまおうかという当初の考えは敢え無く打ち砕かれて、笠ヶ岳直下の避難小屋にたどり着いたときは土合までなどとんでもなく小屋に転がり込んだ。幸い他の登山者と同宿することもなく思っていた以上に快適な一夜を過ごすことができた。
笠ヶ岳避難小屋.jpg
翌、最終日も朝から好天。白毛門方面には左側からの風で雲が尾根を越えて、まるで滝のような素晴らしい光景を目の当たりにすることができた。
白毛門方面を望む.jpg
山頂付近の紅葉はすでに終わっていたが、白毛門から土合へ下る尾根は紅葉が素晴らしかった。白毛門沢の大滝も見ることができた。途中数人の登山者と遭遇したが、予報ではこの日後半の天気は下り坂ということなのか多くの登山者は上がってこなかった。私たちは3日間晴天に恵まれて、本当にラッキーだったと思う。無事に縦走を終えて晴れやかな気分で土合へと下って行った。冒頭の駐車場の写真にある車はすべてなくなっていて、私たちの車のみが駐車場の奥にポツンと取り残されていた。
紅葉.jpg

<参考タイム>
10/21(日)
道の駅➪谷川岳ロープウエイ無料駐車場➝登山口➝ラクダの背➝トマの耳➝オキの耳➝ ノゾキ ➝
4:30      6:10     7:05   9:20   11:55  12:10  12:35
一ノ倉岳 ➝ 茂倉岳 ➝ 茂倉避難小屋(泊) 歩程6:45
13:15   13:35   13:50 
10/22 (月)
茂倉避難小屋➝武能岳➝蓬峠➝七ツ小屋山➝清水峠 ➝ JP ➝ 朝日岳➝笠ヶ岳避難小屋(泊)
5:20     7:10 7:45  8:45 9:25〜10:10 12:15 12:55 14:07  歩程8:47
10/23 (火)
笠ヶ岳避難小屋 ➝ 笠ヶ岳 ➝ 白毛門 ➝ 土合登山口 ➝ 谷川岳ロープウエイ無料駐車場
6:15    6:20   7:15    9:35 9:55 歩程3:40              
以上、
posted by 相模AC at 12:32| Comment(0) | 無積雪期縦走