2019年05月28日

毛無岩烏帽子直上ルート

実は去年の11月にもトライしたのですが、アプローチを間違えて時間切れで敗退したのです。今回はリベンジしにやってきました。
GOPR0205.JPG

2回目なのでアプローチは順調に・・・と思いきや、今回も出だしで間違えてしまいました。でも去年の反省があるので早めに気づくことができて、その後は順調に急登やらナイフリッジをこなし2時間ほどで取付きに到着しました。

↓アプローチ途中から見える毛無岩。正面右側を登ります。
P5280147.JPG

↓1ピッチ目。このルンゼが取付きの目印です。ルートはすぐに左の樹林帯に入って木登りとなります。去年秋に来たときは葉っぱが落ちてルンゼの先に毛無岩がきれいに見えていましたが、今の時期はほとんど見えません。
RIMG0076.JPG

↓その代わりにヤマツツジ?がきれいに咲いていました。
GOPR0218.JPG

↓ロープほぼいっぱいの木登りを3ピッチで上部のすっきりした岩場へ。やっとクライミングらしくなってきます。
P5280162.JPG

↓でも岩は極端に脆く、非常に緊張します。基本的には簡単ですが、ところどころ難しいところもあります。残置は豊富。
P5280168.JPG
P5280175.JPG
P5280179.JPG

↓最終ピッチは凹角のクラック。このピッチは脆さをあまり感じずに登ることができました。
GOPR0227 (2).JPG

↓でも抜け口はぼろぼろです。
RIMG0092.JPG

↓毛無岩の頂上。
P5280186.JPG

無事リベンジできました。ありがとうございました。
GOPR0240.JPG
posted by 相模AC at 23:48| Comment(0) | 無積雪期アルパイン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: