2019年04月07日

安倍奥 藤代川左俣

他会の山行に会から2名参加して、7名で安倍奥の藤代川左俣に行ってきました。

道の駅真富士の里に朝集合し、藤代集落の林道終点に移動して沢仕度して出発。
↓直ぐ林道終点近くの農作業用の吊り橋を渡りましたが、高度感もあり、全員一度には渡らずに、後半は間を開けて渡りました。
fujisiro01.jpg

↓左俣から直ぐに見える大滝。手前の2m滝を腰まで水に浸かり滝壺に向かいました。滝は登れそうもなく左岸側にルートが取れそうでしたがロープを出した方がよさそうな高さでした。滝壺まで来なかったメンバーが先に右岸を高捲いているのでそれに続き、落ち口の先で懸垂下降し沢床に下りました。左岸からの捲きの方が楽だったかもしれません。
fujisiro02.jpg

↓この滝は、水流沿いはシャワーになります。左側を捲き気味に越えました。
fujisiro03.jpg

↓この滝は左岸を高捲きました。
fujisiro04.jpg

↓よく見ればホールド豊富。だれもドボンしませんでした。
fujisiro05.jpg

↓先の2m滝に続く大滝。2名はあえて右側から越えてシャワーを浴びました。
fujisiro06.jpg

↓トイ状の大滝。リーダが偵察し、後半が登れそうもないので左から捲きました。
fujisiro07.jpg

↓この2条の滝は、各々思い思いのルートを登りました。
fujisiro08.jpg

↓この滝は左側から簡単に捲けますが、3名がトライしました。
fujisiro11.jpg

↓時間が押したので、Co1130mで出合う右岸ガレ沢から標高点1401を目指して登りました。
fujisiro12.jpg

↓13時45分に標高点1401まで1時間弱で詰上がり、靴を履き替えて下山しました。途中笹薮がうるさいところがありました。
fujisiro13.jpg

↓稜線を標高点1001まで下り、そこから南東尾根を下り、植林帯、茶畑を抜け、最後は最奥の民家の軒先を、家人に挨拶をして通らしていただき、民家から続く車道終点に出ました。
fujisiro14.jpg

皆様ありがとうございました。noy
posted by 相模AC at 21:00| Comment(0) | 沢登り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: