2018年07月20日

20180714〜16 北岳バットレス下部フランケ〜4尾根

W嶋さん、HS本さん、K本さん、筆者で北岳バットレスに行ってきました。
登攀ルートは下部フランケ経由Dガリー奥壁を予定していましたが
ルートを間違えて下部フランケ経由第4尾根を登りました。

全行程
2018年7月14日(土)広河原山荘 12:00  → 白根御池小屋着 15:00   二俣付近偵察 白根御池小屋戻り 18:00
 
2018年7月15日(日)白根御池小屋 3:00  → 二俣 3:30 → 雪渓通貨 → 大白樺沢左俣登山道 4:23 → C沢横アプローチ道 4:37 → Dガリー大滝(取り付き) 5:30 → 第5尾根支稜  6:00 → 草付き帯を横断 → 下部フランケ基部 7:00

下部フランケ基部7:00 → 下部フランケ終了点 12:00 → ピラミッドフェースの直下12:30(第4尾根合流) → マッチ箱 14:00 → 懸垂下降 → 上部フランケ3P目終了点 14:15 → 枯れ木テラス 15:15  → 城塞ハング下 15:30  → 登攀終了点 16:00 → 北岳山頂 16:30 → 白根御池小屋 19:00

2018年7月16日(月)白根御池小屋 7:00  → 広河原山荘 8:40

1日目

1.JPG
広河原の林道から見えた北岳、天気は快晴。
2.JPG
広河原山荘に到着。 本日の幕営地である白根御池小屋まで登り3時間弱の歩行です。自販機にて飲み物を購入。
3.JPG
広河原山荘には1回3分300円で利用できるコインシャワーが3機ありました。次回は利用したいです。
広河原山荘を12時頃出発、樹林帯の中を登り、休憩をとりながら、白根御池小屋に到着したのが15時頃でした。
5.JPG
テント場は大混雑でしたが、なんとかスペースを見つけてテントを設置しました。
その後、事前偵察ということで、二俣へ出発。
6.JPG
雪渓が残っており、恐ろしいシュルンドが口を開いておりました。
すこし上がった尾根部分は安全に通れそうなことを確認した後、御池小屋に戻りました。
明日に備えて20時頃就寝しました。

2日目

2018年7月15日(日)白根御池小屋 3:00  → 二俣 3:30 → 雪渓通貨 → 大白樺沢左俣登山道 4:23 → C沢横アプローチ道 4:37 → Dガリー大滝(取り付き) 5:30 
7.JPG
雪渓を越えて、大白樺沢左俣登山道付近にて休憩中。アイゼンは未使用。
バットレスに向うクライマー6組ほど。 ちょうどDガリー奥壁へ向かう方がおられ、その方について行くことにしました。非常に助かりました。
8.JPG
C沢横のアプローチ道を通り、Dガリー大滝へ向かうところ。
Dガリー大滝取付き 5:30  → 第5尾根支稜  6:00 → 草付き帯を横断 → 下部フランケ基部 7:00 ここまでは問題なくこれましたが、下部フランケから苦戦しました。
9.jpg
1P目は10aみたいですが、めちゃくちゃ難しく、ハーケンにかけたヌンチャクにすがりながら、なんとか突破。

2P目もよい支点がなく、カムで中間支点をとりすぎたのか、ヌンチャクが足りなくなり、心が折れそうになりました。

3P目もかぶり気味のクラックに心が折れそうになりつつも何とか突破。

4P目はあまり覚えておりません。心がめげていたのかもしれません。先行するW嶋さん・H本さんペアが早くもDガリー奥壁方面にトラバースを完了しており、早いな〜と思っていました。

下部フランケ4P目終了点から左へトラバースが正しいルートですが、トラバースが恐ろしく、パートナーと相談して右へ行くことにしました。

右に行くとピラミッドフェース直下に到達し、4尾根に合流することができました。
10.JPG
写真はピラミッドフェース直下のテラスに向かうK本さん。この時点で12時30分であり、少し焦りを感じ始めたところでした。
11.jpg
マッチ箱から懸垂下降中の筆者。この時点で14時頃。写真は先行し、登攀を終了していたW嶋さんが撮影したもの。ようやく自分たちがどこを登っているのか理解できました。あともう少し、気持ちが楽になった時でした。この後、上部フランケ3P目終了点 14:15 → 枯れ木テラス 15:15  → 城塞ハング下 15:30 登攀終了点に16:00頃到達。 
12.JPG
お花畑を通って、
13.JPG
16時30分頃 北岳山頂に到着しました。
白根御池小屋へは19:00頃戻れました。
無事戻れてよかったです。
翌日広河原に下山しました。
N記





posted by 相模AC at 23:14| Comment(0) | 無積雪期アルパイン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: