2019年02月24日

石尊稜

石尊稜に行ってきましたが、3月下旬のようでした。

日程:2019年2月23〜24日
メンバー:kam(L), noy(記)
コースタイム:
2/23
美濃戸口 K さん別荘8:07 - 改修記念碑8:28 - やまのこ村9:10 - 林道終点10:07 - 10:58赤岳鉱泉11:38 - 12:30石尊稜取付き下見12:50 - 13:15赤岳鉱泉
2/24
(幕)4:45 - 5:30石尊稜取付き5:40 - 6:10下部岩壁基部6:17 - 9:10上部岩壁基部9:45 - 10:45石尊峰10:54 - 11:40地蔵尾根分岐11:50 - 行者小屋12:18 - 12:38テント撤収13:33 - 林道終点14:16 - やまのこ村15:02 - 改修記念碑15:29 - 15:35美濃戸口 K さん別荘

↓快晴の中、行きの登山道から大同心を望む。
20190223-seki01.jpg

↓明日のアプローチの様子を観に向かう。
20190223-seki02.jpg

↓西壁。
20190223-seki03.jpg

↓石尊稜を確認。雪が少ないようだ。
20190223-seki04.jpg

↓トレースがわずかに残っている。ここでテンバに引き返す。
20190223-seki05.jpg

↓ヘッデンで出発。昨日引き返した地点の下で装備を着けた。
20190223-seki06.jpg

↓後続パーティーの灯り。
20190223-seki07.jpg

↓明るくなり振り返ると阿弥陀岳。
20190223-seki08.jpg
20190223-seki09.jpg

↓途中の草付。雪が着いていない。
20190223-seki10.jpg

↓中間の雪稜。雪が無いかもと心配していたが十分にあった。
20190223-seki11.jpg
20190223-seki12.jpg

↓登攀終了。
20190223-seki13.jpg

↓稜線の登山道からの富士山の眺め。
20190223-seki14.jpg

↓地蔵尾根の下り。阿弥陀岳が良く見える。
20190223-seki15.jpg

3度目の石尊稜でしたが、一番雪が無くまた暖かかった。しかし何故かカラビナを上部岩壁下と途中で2回2個落とした。合掌。
noy
posted by 相模AC at 20:00| Comment(0) | 積雪期バリエーション

2019年02月11日

雷電海岸

2月8日〜11日、K取さん(CL)、K田さん、二Hの3名で北海道積丹半島の先の雷電海岸へアイスクライミングに行ってきました。
現地では数十年振りの猛寒波到来中で、行く先々で、”よくいらっしゃいましたね!”と歓迎されました。

2019_0209_140900-DSCN0915.JPG
≪中央が2ルンゼ、その左やや上に1ルンゼ≫
初日(2/9)1ルンゼの1ピッチ目のK田さん
2019_0209_115019-DSCN0905.JPG

2日目(2/10)2ルンゼの1ピッチ目のK取さん
2019_0210_090353-DSCN0920.JPG
2ピッチ終了点からの懸垂下降
2019_0210_114029-DSCN0933.JPG
3ルンゼは見学のみ
2019_0209_132836-DSCN0908.JPG
2019_0209_133813-DSCN0909.JPG
鉛色の空&荒れ気味の日本海の絶景、厳しい寒さの中、心に残るクライミングとなりました。
※北海道の味覚(新鮮な魚介、お肉、野菜・・・・)も腹いっぱいいただきました。










posted by 相模AC at 17:07| Comment(0) | アイスクライミング

2019年02月10日

旭岳東稜

赤岳東面の雪稜に行ってきました。

日程:2019年2月9〜10日
メンバー:kam, noy(記)
コースタイム:
2/9(土)美し森駐車場(10:00/10:30)−林道終点(11:35)〜出合小屋(12:01)(テント泊)
2/10(日)出合小屋(4:49発)〜権現沢〜旭岳東稜末端尾根上co1990m付近(6:11/6:16)〜五段の宮手前Co2500m付近(11:37/11:57)〜(戻り)〜東稜末端尾根上co1990m付近(14:55)〜上ノ権現沢(15:04)〜出合小屋(15:13/15:52)〜林道終点(16:40/16:48)〜美し森駐車場(17:43)


↓久しぶりの地獄谷、大水が出たのでしょう。沢床が削られて堰堤を巻くところが増えてました。
20190209-asa01.JPG

↓初日のテンバ。小雪が舞いました。
P2090010.JPG

↓ヘッデンにて出発するも、前日の偵察を怠たり取付きのルートファインディングに右往左往。
P2100011.JPG

↓東稜を望む。快晴。わくわく。
P2100014.JPG

↓小ギャップにて足場が探せずにロープを出して深雪へ懸垂。時間が掛かる。
P2100015.JPG
P2100017.JPG

↓小さな岩壁はロープなしで。
P2100021.JPG

↓五段の宮手前の雪壁。ロープを出した。
P2100025.JPG
P2100026.JPG

↓五段の宮を望むも時間切れで引き返す。
20190209-asa10.jpg

↓往路での懸垂下降。
P2100032.JPG

まだまだ修行が足りないな。。。お疲れ様でした。noy

posted by 相模AC at 22:00| Comment(0) | 積雪期バリエーション