2018年12月31日

八ヶ岳 広河原沢右俣クリスマスルンゼ

2018年大晦日に、クリスマスルンゼに行って来ました。

メンバー:M、Ý
コースタイム:
船山十字路ゲート7:09 〜 林道終点7:41~7:47 〜 二俣8:03~8:10 〜 右俣本谷出合8:57~9:10 〜 クリスマスルンゼ出合9:45 〜 3段目上12:45~13:20 〜クリスマスルンゼ出合14:21~14~30 〜 右俣本谷出合 15:13~15:21 〜 二俣15:46~15:58 〜 林道終点16:11 〜 船山十字路ゲート16:36

↓右俣本谷に入っての最初の滝はフリーで登りました。
20181231-1.jpg

↓武者返しの滝沢出合を過ぎての滝は左岸の残置ロープ沿いに捲きました。帰りは懸垂下降。
20181231-2.jpg

↓クリスマスルンゼには誰もいませんでした。
20181231-3.jpg

↓1段目をリードする M さん。
20181231-4.jpg

↓2段目を登る M さん。
20181231-5.jpg

↓3段目。
20181231-6.jpg

50Mロープ1本のみだったので、3段目の上まで上がり、左岸支尾根に上がる目論見でしたが、3段目上まで上がり、懸垂下降することにしました。2段目落ちの流木に支点を作り、50Mロープ1本で懸垂下降しました。
↓2段目を懸垂下降する M さん。
20181231-7.jpg

先週と同じ鹿の湯で汗を流し、大晦日、高速道路の渋滞もなく帰宅しました。お疲れ様でした。noy
posted by 相模AC at 00:00| Comment(0) | アイスクライミング

2018年12月23日

裏同心ルンゼ

12月22−23日に、総勢6名でアイスクライミングに行って来ました。

コースタイム:

12/22(土) 美濃戸口(8:05)〜灌漑作業道〜やまのこ村(8:58~9:07)〜林道終点(10:03~11:17)〜赤岳鉱泉〜裏同心ルンゼF1(13:02)〜F3上・引き返し(15:00)〜F1(16:00)〜赤岳鉱泉(16:25)

12/23(日) 赤岳鉱泉(6:46)〜裏同心ルンゼF1(7:19)〜F5上2M小滝(10:25)〜F6下・大同心基部〜大同心稜(10:55)〜沢出合(11:40)〜赤岳鉱泉(11:46~12:27)〜林道終点(13:14~13:22)〜やまのこ村(13:58~14:05)〜美濃戸口(14:42)

↓、初日、最初の核心の徒渉点です。全員無事でした。
20181222-01.jpg

計画のジョウゴ沢から裏同心ルンゼに変更。↓F1をリードする M さん。
20181222-02.jpg

↓F2、3段の滝。渋滞少々。
20181222-03.jpg

↓F2をフォローする M さん。
20181222-04.jpg

↓F3をリードする M さん。
20181222-05.jpg

↓F3待ちの H&S さん。
20181222-06.jpg

↓F3をリードする S さん。
20181222-07.jpg

↓F3 上で終了し、同ルートを下降しました。
20181222-08.jpg

↓F1を懸垂下降する S さん。
20181222-11.jpg

↓2日目も裏同心ルンゼ。9時まで晴れの予報であったが曇り空。↓ F1、既に2パーティーが順番待ち。
20181223-01.jpg

↓F2、3段の滝をリードする N さん。
20181223-02.jpg

↓F5 手前のナメ滝を登る M さん。

20181223-03.jpg

↓F5 は渋滞。2組ほど待つ。
20181223-04.jpg

↓F5 を登る M さん。
20181223-05.jpg

↓大同心取付き下は吹雪状態。直ぐに下山。先行ペアに遅れること45分。

20181223-06.jpg

早々とテントをかたずけ、時折小雨の降る中を下山。
↓最後の核心の徒渉。
20181223-08.jpg

皆様お疲れ様でした。

posted by 相模AC at 00:00| Comment(0) | アイスクライミング

2018年12月19日

2018年度谷川岳天神平雪上訓練

2018年12月15日〜16日の2日間に渡り、谷川岳天神平尾根にて雪上訓練を実施した。会員20名余りの参加があった。
DSCF6002.jpg
厳冬期のテント泊を想定し、フル装備でロープウェイを待つところ。
ロープウェイ降車後、天神尾根の雪崩を避けられる適地にテント設営した後、支度を整え、天神尾根へ。
DSCF6006.jpg
基本技能である雪上歩行を練習した。
DSCF6009.jpg
これは、緊急時に風雪を防ぐための訓練である。ツエルトに入り・・・・・
DSCF6010.jpg
パーティー全員で風雪に耐える。
DSCF6012.jpg
雪上での確保に有効なスタンディングアックスビレイの訓練。
この時は初日ということもあり、アイゼン装着なしでしている。

DSCF6013.jpg
初日の訓練は15時頃に終了した。
設営テント内で雪から飲料水を確保、夕食を準備。ちゃんこ鍋である。訓練によりお腹が空いていたのか、とても美味しかった。満腹になると、いつのまにか眠たくなり、20時頃には就寝となった。

12月16日(日)4時30分に起床。朝食準備、実施、片付け、身支度を行う。
訓練開始時刻7時30分頃であった。
DSCF6014.jpg
アイゼンを装着し、雪面歩行の練習を実施。
DSCF6016.jpg
転んでしまった場合の滑落停止動作訓練。
DSCF6018.jpg
同じく滑落停止動作訓練。
DSCF6020.jpg
こちらはアイゼンを装着してのスタンディングアックスビレイ訓練。
DSCF6024.jpg
同じくスタンディングアックスビレイ訓練。経験者による指導中。
DSCF6026.jpg
デッドマンを埋設、有効な支点として機能するかも確認した。
DSCF6027.jpg
確保による衝撃力により、埋設したデッドマンが動きできた空洞。
DSCF6028.jpg
雪崩に遭遇、埋没した仲間の捜索救助を想定したビーコン捜索訓練模様。

以上2日間を通じて、動作の確認・訓練を実施した。
訓練を継続し、技術習得・向上に努めたい。

N記






posted by 相模AC at 01:02| Comment(0) | その他の活動