2018年07月20日

20180714〜16 北岳バットレス下部フランケ〜4尾根

W嶋さん、HS本さん、K本さん、筆者で北岳バットレスに行ってきました。
登攀ルートは下部フランケ経由Dガリー奥壁を予定していましたが
ルートを間違えて下部フランケ経由第4尾根を登りました。

全行程
2018年7月14日(土)広河原山荘 12:00  → 白根御池小屋着 15:00   二俣付近偵察 白根御池小屋戻り 18:00
 
2018年7月15日(日)白根御池小屋 3:00  → 二俣 3:30 → 雪渓通貨 → 大白樺沢左俣登山道 4:23 → C沢横アプローチ道 4:37 → Dガリー大滝(取り付き) 5:30 → 第5尾根支稜  6:00 → 草付き帯を横断 → 下部フランケ基部 7:00

下部フランケ基部7:00 → 下部フランケ終了点 12:00 → ピラミッドフェースの直下12:30(第4尾根合流) → マッチ箱 14:00 → 懸垂下降 → 上部フランケ3P目終了点 14:15 → 枯れ木テラス 15:15  → 城塞ハング下 15:30  → 登攀終了点 16:00 → 北岳山頂 16:30 → 白根御池小屋 19:00

2018年7月16日(月)白根御池小屋 7:00  → 広河原山荘 8:40

1日目

1.JPG
広河原の林道から見えた北岳、天気は快晴。
2.JPG
広河原山荘に到着。 本日の幕営地である白根御池小屋まで登り3時間弱の歩行です。自販機にて飲み物を購入。
3.JPG
広河原山荘には1回3分300円で利用できるコインシャワーが3機ありました。次回は利用したいです。
広河原山荘を12時頃出発、樹林帯の中を登り、休憩をとりながら、白根御池小屋に到着したのが15時頃でした。
5.JPG
テント場は大混雑でしたが、なんとかスペースを見つけてテントを設置しました。
その後、事前偵察ということで、二俣へ出発。
6.JPG
雪渓が残っており、恐ろしいシュルンドが口を開いておりました。
すこし上がった尾根部分は安全に通れそうなことを確認した後、御池小屋に戻りました。
明日に備えて20時頃就寝しました。

2日目

2018年7月15日(日)白根御池小屋 3:00  → 二俣 3:30 → 雪渓通貨 → 大白樺沢左俣登山道 4:23 → C沢横アプローチ道 4:37 → Dガリー大滝(取り付き) 5:30 
7.JPG
雪渓を越えて、大白樺沢左俣登山道付近にて休憩中。アイゼンは未使用。
バットレスに向うクライマー6組ほど。 ちょうどDガリー奥壁へ向かう方がおられ、その方について行くことにしました。非常に助かりました。
8.JPG
C沢横のアプローチ道を通り、Dガリー大滝へ向かうところ。
Dガリー大滝取付き 5:30  → 第5尾根支稜  6:00 → 草付き帯を横断 → 下部フランケ基部 7:00 ここまでは問題なくこれましたが、下部フランケから苦戦しました。
9.jpg
1P目は10aみたいですが、めちゃくちゃ難しく、ハーケンにかけたヌンチャクにすがりながら、なんとか突破。

2P目もよい支点がなく、カムで中間支点をとりすぎたのか、ヌンチャクが足りなくなり、心が折れそうになりました。

3P目もかぶり気味のクラックに心が折れそうになりつつも何とか突破。

4P目はあまり覚えておりません。心がめげていたのかもしれません。先行するW嶋さん・H本さんペアが早くもDガリー奥壁方面にトラバースを完了しており、早いな〜と思っていました。

下部フランケ4P目終了点から左へトラバースが正しいルートですが、トラバースが恐ろしく、パートナーと相談して右へ行くことにしました。

右に行くとピラミッドフェース直下に到達し、4尾根に合流することができました。
10.JPG
写真はピラミッドフェース直下のテラスに向かうK本さん。この時点で12時30分であり、少し焦りを感じ始めたところでした。
11.jpg
マッチ箱から懸垂下降中の筆者。この時点で14時頃。写真は先行し、登攀を終了していたW嶋さんが撮影したもの。ようやく自分たちがどこを登っているのか理解できました。あともう少し、気持ちが楽になった時でした。この後、上部フランケ3P目終了点 14:15 → 枯れ木テラス 15:15  → 城塞ハング下 15:30 登攀終了点に16:00頃到達。 
12.JPG
お花畑を通って、
13.JPG
16時30分頃 北岳山頂に到着しました。
白根御池小屋へは19:00頃戻れました。
無事戻れてよかったです。
翌日広河原に下山しました。
N記





posted by 相模AC at 23:14| Comment(0) | 無積雪期アルパイン

2018年07月18日

小川山

7月14日〜16日の3連休は、いくつかのグループに分かれて小川山に10人以上の相模acメンバーが集結しました。
アルパインクラブじゃないの?と言われそうですが、アルパインに行った人もいるのでまたblogで報告してくれるでしょう。
私は15・16の2日間合流しました。

15日は空いてそうなエリアということでストリームサイドエリアへ。でも結構混んでました。私は初めてのエリアです。全体的にグレードは甘目?

ピットタッチ 5.10c
RIMG0004.JPG
簡単そうに見えたのでアップで。見た目通り簡単(5.8〜9)でしたが、小ハングは写真のように直登しないといけないようです。マスターでOSトライだったので、ついつい簡単な左側から登ってしまいました。せっかくなのであとでもう一回登りました。

Love or Nothin' 5.10a
RIMG0011.JPG
なかなか面白いルート。SさんRP、お見事でした。

鵯漏斗かな? 5.11a
RIMG0005.JPG
出だしが細かくて難しい。あとは簡単。私は出だしで一回落ちて、すぐに登りなおしてRPできました。

都忘れ 5.12a
RIMG0008.JPG
相模のエースNoさんが最初に落とした12として有名なルート。人気ルートで順番待ちができていたので私は触らず。

星砂 5.11a
RIMG0013.JPG
短いがなかなか面白い。ラインを間違えなければ登りやすいと思われます。

アカマンマ 5.12a
RIMG0016.JPG
湯河原幕岩にありそうなボルト3本の激カチルート。私の前に登っていた人は10dと言っていたが、さすがに11前半はあるような気がします。

鷺草 5.11c
RIMG0028.JPG
限定ルートだが、どこまで使っていいかわかりにくく不完全燃焼。

RIMG0052.JPG
暑すぎて水と戯れる二人。

16日はカモシカサイドロック方面へ。まずはバードウォッチングロック。

オオルリ 5.9NP
RIMG0002.JPG
SさんのOSトライ。正攻法のワイドムーブで突っ込みますが、あえなく撃沈。
RIMG0047.JPG
下部はこうやって登ると楽ですが、この方は楽そうに見えない…。ムーブの前に減量が必要かと。

キビタキ 5.10c
RIMG0045.JPG
私は最後の抜け口がいつもうまく登れません。

そのあと、私の希望ですぐ近くにあるポケットマントル5.10dへ。OSトライですが…
RIMG0064.JPG
出だしがあまりにも怖くて木の枝を拾ってきてプリクリップ。いきなりOS失敗。でも安全第一です。
RIMG0074.JPG
そのあともランナウトしまくるボルト間隔にビビりながらじりじりと登っていきますが、3ピン目?(大ポケットに立ちこんだ上のボルト)で力尽きる。ちょっと時間もかかりすぎて皆さん待ちくたびれていそうなので一旦下ろしてもらうことにします(決してビビッて投げ出したわけではない…)。

カミさんにチェンジして2段ロケット発射。
RIMG0090.JPG
さらにボルト2本ほどロープを伸ばすも、その先にちょっと難しい立ち込みががあるようで同じく途中敗退。

RIMG0093.JPG
最後は真打登場。トップアウトしていただきました。
ちなみにロープが足りるかどうかわからなかったのでバックロープを引いていきましたが、60mロープでぴったりロワーダウンできました。
こんなルートをサクッと登れるようになりたいものです。とりあえずもうちょっと涼しくなったら再トライですな。
posted by 相模AC at 23:40| Comment(0) | クライミング

2018年07月10日

2018/7/8 越沢バットレス

2018年7月8日(日) 越沢バットレス
前日の雨で岩場までのアプローチも湿気気味でした。
岩場も湿っぽく、午前中は小雨がぱらつくありさまで
不快でした。
DSCF6016.JPG
写真は午前中の小雨が降っていたころ。
この後、アルペンルートと呼ばれる鎖場を通って越沢バットレス上部へ移動。
お宮のハングに向い、人口登攀の練習を行いました。
午後は右ルート3Pを途中まで登って練習を終了しました。
N記
posted by 相模AC at 22:09| Comment(0) | クライミング

小川山 6/30〜7/1

2018年6月30日(土)〜7月1日(日)小川山

6/30 H本さん、S野さんと小川山お殿様岩エリアに行く。
DSCF6004.JPG

予期せぬプレゼント10Aをトップロープで練習。
ワイドクラック難しいです。
午前中は蒸し暑かったですが、午後からは涼しくなりました。
ニンジャ14aにトライする人を見学後、サイコウルーフ左の岩へ移動し、
白糸、ナデシ、山か物語をトライして終了。

7月1日(日)
K取夫妻、SK間さん、前日に引き続きH本さん、S野さんと
ゴジラ岩 流星めぐり(9P)を登りました。
IMAGE000.jpg
2P目 10cを登るK取さん

IMAGE002.jpg
同じく2P目を登る筆者 出だしが難しいです。
IMAGE003.jpg
3P目 5.8 k取さん
やや前傾した壁を右よりに越えます。
4P目はボルト2本の小さい岩を登り、
IMAGE007.jpg
5ピッチ目10C登攀中のH本さん。
スラブの難しい箇所が一か所あります。
IMAGE009.jpg
6p目 ノーピンのピッチです。 写真は6p目終了点にて。
この後7ピッチ目を飛ばして、8P目に向かいました。
6P目終了点から左に一旦下降するのが正しいルートのようです。
IMAGE010.jpg
8P目 出だしが少し悪いです。
8P目終了後、しばらく歩いて火星人エリアに到着。9P目を登った記憶がありません。
ゴジラ岩きれいなスラブで次回挑戦したいなと思います。

N記


posted by 相模AC at 00:41| Comment(0) | クライミング

2018年04月27日

三宅島クライミング

4/16 22:30東京竹芝桟橋発の橘丸に乗って、三宅島へ(席は勿論一番安い2等)
東京湾の夜景が綺麗。
P4161236.JPG 

4/17 低気圧の通過で天候は悪化傾向、せめて今日だけでも登れればとPO壁エリアへ
風と波がとても強い。最初は「MIYAKE INTRODUCTION(5.9)へ
城ヶ崎より壁が長く、地上近くはツルツルに磨かれていて、足が滑る。

P4171250.JPG

P4171252.JPG

PO壁全景
P4171296.JPG

続いて、「カラスバマントル」(5.10a)をトップロープで
P4171285.JPG
P4171289.JPG

P4171270.JPG

風が強いので、午後は富賀浜へ移動しようと宿で昼食中、雨は本降りに。
仕方なく。村の「レクリエーションセンター」(人工壁)へ
P4171298.JPG
三宅村は村興しとしてクライミングに力を入れている為、レクセンター内は立派なクライミングジム
午前11時から20時まで、1日いても500円。65歳以上は無料。
P4171299.JPG
P4171301.JPG

P4171303.JPG

リード壁5面ボルダー壁9面の充実ぶり
P4171304.JPG

この後は「ふるさとの湯」温泉に入り、長かった1日が終了。
翌日も雨で、島内ドライブ?かなんて話していたら、なんと天候悪化で東京行きの船は14時半の予定が、9時半に繰り上げ出航となり、慌てて港へ駆けつける。
P4181307.JPG


港には、「またおいで!」というような虹がかかり、三宅島クライミングは終了となった。




posted by 相模AC at 11:11| Comment(0) | クライミング

2018年02月25日

西上州・相沢奥壁大氷柱

相沢奥壁大氷柱にアイスクライミングの練習に行って来ました。

2018年2月25日(日)
メンバー:AK, KM, KK, NY
コースタイム:相沢登山口6:48〜奥壁大氷柱8:06/15:37〜相沢登山口16:42

大氷柱に着くと既に3名の先行パーティーが登っています。我々は本日2番目の到着でした。

↓右ラインをリードするAK氏。
P2250014.jpg

↓続いてセカンドをビレイするAK氏。
P2250016.jpg

↓右ラインを登るKM氏。
P2250019.jpg

↓右ラインを登るKK氏。
P2250023.jpg

↓中央ラインを登るKK氏。
P2250026.jpg

↓中央ラインを登るKK氏。
P2250034.jpg

↓ビレイ中のKM氏と氷瀑全景。
P2250038.jpg

多くのパーティ―が練習に来ていました。
本数は少なかったですがお腹一杯になった一日でした。ありがとうございました。
noy
posted by 相模AC at 23:00| Comment(0) | アイスクライミング

2018年02月10日

千波の滝 アイスクライミング

千波の滝に行って来ました。

2018年2月10日(土)
メンバー: JK(L), NY
コースタイム: 「千波の滝ビューポイント」(6:15/6:28)〜千波の滝下(7:35/8:49)〜千波の滝落ち口(12:42/13:03)〜ビューポイント(14:26)

↓車道脇の千波の滝ビューポイントからの早朝の眺め。
前夜泊まった道の駅とよとみからビューポイントに着くと、1組の先行組(男性2名)が仕度をしていて先に出発。私たちが出発する頃にもう一台やって来ました。私たちは2番目のようです。
senba0210-1.jpg

↓蛇沢出合手前からの眺め。
senba0210-2.jpg

↓蛇沢に出合から入渓し、小さな氷瀑を捲きながら進み、暫くするとゴルジュの滝が現れました。氷が薄いかな。左岸ルンゼから高捲いている先行組が目に入り、左岸からこの滝を高捲きました。
senba0210-3.jpg

↓高捲き途中から踏み跡(尾根からか?)が現れ、暫く進むと千波の滝が現れました。3番目の組(男性2名)と前後しながら着き、私たちはここで1時間ちょっとの間、休憩と順番待ち。
senba0210-4.jpg

↓1組目に続いて、1ピッチ目をリードするk氏。下部はカリフラワー・アイスができていていやらしいかな。ビレイ中に4組目(男女3名)が到着。盛況です。
senba0210-5.jpg

↓つるべで登り、2ピッチ目の終了点からの眺め。車道のビューポイントが見えます。
senba0210-6.jpg

↓3ピッチ目をリードするk氏。つららの裏は1人分位の空洞ができていた。下からは索道のように見えましたが、頭上には上水用のパイプが掛けられていました。
senba0210-7.jpg

↓下山途中の山道からの眺め。本日、5組目か6組目でしょうか(?)登攀中でした。大盛況。
senba0210-8.jpg

↓ビューポイントに戻ってからの眺め。まだ登攀中の組が遠望できました。
senba0210-9.jpg

↓ビューポイントにある説明板。車に戻ると、千波の滝を三脚に望遠一眼レフで撮影している男性がいました。
senba0210-10.jpg

良い一日でした、ありがとうございました。
noy

posted by 相模AC at 00:00| Comment(0) | アイスクライミング

2018年01月27日

西丹沢でアイス

数十年振りの寒波とのことで、玄関先の氷が3日間で3pの厚さに成長。期待して、27日土曜日に、西丹沢にアイスに行って来ました。

大滝橋バス停から林道・登山道を歩き、マスキ嵐沢出合から大滝沢に入渓。
↓しばらく河原を歩き堰堤を越えると、本流に氷が張っているところが現れました。
ootakisawa1.jpg

↓沖箱根沢出合のF1。厚いところは13p以上。水流が透けて見えますが、氷は固くしっかりしていました。
ootakisawa2.jpg

↓F1をリードするK氏。
ootakisawa3.jpg

↓続くF2をリードするK氏。左の氷を登りますが落ち口は水が流れていて、氷を壊さないように気を使います。尚、劔尾根R4は、スクリューを使えない写真右側の薄氷のようなところを登ったとのこと。
ootakisawa4.jpg

↓続くF3は、傾斜は緩く私Yがリード。表面を水流が流れていて、防水手袋で助かります。
ootakisawa5.jpg

↓右岸立木に残置スリングがあり、そこで確保。F4はパスしてここから懸垂で戻りました。
ootakisawa6.jpg

↓流木を利用してF1を懸垂下降。
ootakisawa7.jpg

↓福井沢出合の斜滝と奥の滝は凍っていましたが、直ぐ先の地獄棚に向かいます。
ootakisawa8.jpg

↓6年前の寒波のときも訪れましたが、そのときよりも凍っていました。
ootakisawa9.jpg

↓地獄棚下部をリード中。氷はしっかりしていましたが上部で、上段からの飛沫を少し浴びました。
ootakisawa10.jpg

↓地獄棚上部はパスして立木の残置スリングを利用して懸垂下降で戻ります。その後雨棚左岸の急登を20分汗を流して登山道に合流し、大滝橋に戻りました。
ootakisawa12.jpg
ありがとうございました。
noy

posted by 相模AC at 00:00| Comment(0) | アイスクライミング

2017年12月08日

高知・大堂海岸

四国は高知の西果て、大堂海岸へ行ってきた。
当初はあまりにも遠いので、松山までLCC松山からレンタカーを借りて4時間程と考えていた。
その考えを変化させてくれたのが、香川・高松出身のO氏である。
彼はちょくちょく高松まで車で帰ると言い、片道7時間程度で行けるというのだ。
流石に大堂海岸まで7時間では行けないとは思ったが、前後を2日間ずつ取れば可能だと思い実行した。

第一日
13時過ぎに相模原を出発。東名−新東名−新名阪の草津PAで仮眠(トラックが多くてうるさい。が、24h営業のコンビニもあって便利。)

第二日
6時半発−滋賀−京都−大阪−神戸−淡路島−徳島−高知(高知道は四万十市(旧中村市)まで、後は一般道
で14時幡多郡大月町の道の駅に到着した。

DSC02534.JPG

第三日 モンキーエリア
前日に下見をしたが、取り付きが良く判らなかった。おまけに狭い林道でボディも岩に擦った。
同じ道を朝から進むと、展望台の下にテント発見。声を掛けると岐阜から来た女性クライマーで
親切に代表的な岩場であるモンキーエリアへの降り口を案内してもらえた。(連休でなく、誰もいなかったら大変でした。)

PB241147.JPG
青い空に映える白い花崗岩

早速代表的なルートであるスーパークラック(5.9)、ぐい飲みクラック(5.8)を登って見る。ハンドが良く効くがなんといっても長い。海岸の壁自体は80m以上あるので、ルートは全て途中までとなっている。
また岩が花崗岩の為、足のフリクションが城ヶ崎のツルツルの岩に比べると効かせることくができる。

スーパークラック
PB241148.JPG
PB241150.JPG

ぐい飲みクラック
PB241151.JPG

登れば太平洋の水平線が
PB241154.JPG

続いてモンキールーフ(5.10a)2mのハングを越える恐ろしげなルーフだが、取り付くとルーフ部分は意外と幅が無く、キャメの#2か#1で取れた。またハンドと足が決まるため見た目よりは難しくなかった。

PB241161.JPGPB241162.JPG

千葉から来たグループは10bのセイシクラックがとても悪く、何度もテンションが入っていた。また10cの岡山ルートも福岡グループがTRでトライしていたが難しそうだった。

セイシクラック
PB241169.JPG

この他、この日は短めの2本とうず潮(5.8)の6本を登って終了。お風呂は道の駅への帰り道にある「ベルリーフ大月」(500円)で。道の駅大月には魚や野菜の直売場、20時まで営業の飲食店「まあるいお月さん」があり食べ物に困ることはない。

第四日 お座敷エリア→帰れずエリア
モンキー以外の手頃なエリアということで、お座敷に行ってみたが、ここはスケールがない、またTR課題が多いエリアで誰もいなかった。あまり魅力的なルートにも見えなかったので、帰れずに移動。
南風(5.7)を足慣らしに登るが、ここがハンドより微妙に広いクラックで大苦戦してしまった。めげずにオールマイティ(5.8,5.9の2p)へ、1ピッチの終了点は何も無く全てカムでのビレイ。2P目の終了はボルトが打ってあった。長いぶん充実のルート、しかし誰も来ていない。

PB251182.JPG

PB251179.JPG
PB251179.JPG

ここは潮が満ちると帰れなくなるとかで、干満を気にしながら登っていたが午後になって潮が満ちてきたので
早々に撤退。無事に帰ることができた。
翌日は昼くらいから雨の予報で、午前中は登れると思っていたのに、朝から雨になり予定を早めて変えることにした。
帰りは10時発−淡路島の先、西宮あたりから渋滞で、滋賀の大津SA18:30/6:00−12:00には帰宅できた。
走った距離は片道約900Km,、往復1800キロだったが、初めての道だったので楽しかった。
モンキーのセイシクラック、岡山ルート、大滝エリアのアメフラシ、大フレーク等登って見たいルートもたくさん残してきたのでまた訪れるだろう。また車で?っかどうかは判りませんが。

PB251186.JPG
JK記





posted by 相模AC at 16:13| Comment(0) | 日記